FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-03-01 (Tue)
           325.jpg
四畳半神話大系★★★★(1~5中 4.0)

「好機はいつも貴方の目の前にぶらさがっている」

・あらすじ
内容(「BOOK」データベースより)
私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい!さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴりほろ苦い青春ストーリー。

簡単感想

この本を手に取ったのはだいぶ前の事。当時の書店では大学生に読んでもらいたい本 第2位として上げられていた。しかしどうも買う気にはなれなかった、何せ青春ストーリー、そういうタマでもない。
じゃあ何故?買うきっかけとなったのはアニメだった。
四畳半神話大系 公式
去年の4月頃から始まり、何とも奇抜なキャラデザインに惹かれて観てみると
面白い
ストーリーもさながら言葉の言い回しが素晴らしい。
著者の森見氏は言葉をここまで巧みに操れるのかと、感服した。
続き触発され、著書の方を手に取ったのだがこれも驚いた。
殆どアニメと変わらない。それほどアニメが完成された出来だったのかと。
購入するならアニメを観てからの方が良いかもしれない。


この物語は全4話構成となっている。文体が特徴的で初めは読み辛く感じる、がこれに慣れてしまえば話に引き込まれてしまう。
出てくる登場人物は全てアホでしょうもない。
そんなアホに振り回される「*私」は自分の不幸を嘆き、現状が無為なものであると感じていた。*主人公
できればピカピカの一回生に戻ってやり直したい!そうした四つの平行世界で「私」は様々な人を見る。
それは表面だけであったり、回り込んで思いがけない人の側面を見る事が出来た。
そして「私」は何を感じ、何を思うのか?

「人との出会いが自分の心をキレイにさせる。1人で曲がった心をもっていたら、人生はつまらない」

「ありもしない可能性に羨望するのではなくて、現状を肯定して今を楽しみ生きる。1歩踏み出すだけで良い、やらないよりはやって砕けて後悔した方が良い。」
新たな大学生活に今ひとつ踏み出せない、そんな1回生に是非読んでもらいたい作品。
* Category : 小説
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する