FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-08-14 (Sun)
2016-8-14(日) 4日目ルート

午前:高松駅バスターミナルから坊っちゃんエクスプレスで松山駅へ⇒らーめん おが多 キスケBOX店で昼食
    私鉄で道後温泉駅へ⇒荷物を預け、松山駅に戻る⇒松山城を観光

午後:第51回(2016年)松山まつり⇒道後温泉駅に行き、味倉で夕食⇒道後ドミトリーホテルに宿泊





こちらが移動ルート表。ピンク線が4日目を示しています。
四国地方一人旅 ←をクリックすれば大きな地図で見れます。



6時頃起床。
7:55の高松バスターミナルから坊っちゃんエクスプレスで愛媛県松山駅へ向かう予定。

_IGP9595.jpg

無料の朝食を食べ、出発。

_IGP9596.jpg

高松バスターミナルでバスチケットを購入。
片道4000円。

本当は、高松の栗林公園も気になって行きたかったのだけれど、時間がなかった!
まぁ今度の楽しみと言うことで!


_IGP9597.jpg

さて、約2時間40分のバスを終え、10:38に松山駅へ。

_IGP9599.jpg

ゆるキャラ、バリィさんがお出迎え。
相変わらず可愛いポイントを押さえて、良くできている。

_IGP9600.jpg

松山祭りのポスター。

先に御土産 いよかんタルト(865円)を購入。

_IGP9601.jpg

まずは昼食?を食べに食べログで評価の高かったお店に行く!
何でもパチ屋とゲーセンの隣にあるラーメン屋らしい。

_IGP9602.jpg

らーめん おが多 キスケBOX店

本当に異質な場所にあるラーメン屋!

_IGP9603.jpg

メニューはこんな感じ。
おすすめのラーメン(700円)とわかめご飯(ランチで50円)をチョイス。

_IGP9604.jpg

見た目はネギ一色の醤油ラーメン。
スープはあっさりとした味わいで、焦がしチャーシューが良いアクセント。
普通に美味しいのだけれど、もうひとひねり何か欲しい気が?

_IGP9605.jpg

わかめご飯の塩気がグッド。

お腹も膨れ、ラーメン屋を後に。
せっかくなので隣接のゲーセンにも行ってみると、スロットが100円で50クレである!
実質の2スロじゃないですか!しかも台数も多いので、良い店だなぁとしみじみ。

_IGP9606.jpg

その後は、市電で御土産(日本酒を探しに)大街道駅へ。

_IGP9607.jpg

_IGP9608.jpg

_IGP9610.jpg

中々都会だね!
三越で日本酒 石鎚グリーン(720ml 1566円)を購入。(みやげ)

続いては荷物を預けに道後温泉駅へ。

_IGP9615.jpg

道後温泉駅。

_IGP9614.jpg

坊っちゃん電車

_IGP9611.jpg

人力車もある。

_IGP9617.jpg

_IGP9618.jpg

とにかくスゴイ人!
雰囲気的にも盛り上がっていてイイネ!

_IGP9621.jpg

こちらは椿の湯。道後温泉の別館で、源泉も同じ。

_IGP9622.jpg

今日宿泊予定の味倉で夕食⇒道後ドミトリーホテルで荷物を預ける!
ここの方がスゴイ良い方!おすすめです!

_IGP9626.jpg

愛媛といったらポンジュース。
酸味と甘みのバランスが良く、イイネ。

_IGP9631.jpg

道後温泉。
まだやることがあるので入らないけど!

さて、市電で大街道まで戻る。

_IGP9632.jpg

_IGP9634.jpg

松山城ロープウェーで、松山城までいきます。(往復+城の入場券で1040円)

ロープウェーを使って城まで行くのは珍しい?
山口県の岩国城もそうだった気がする。

ちなみにロープウェーだけでなく、

_IGP9637.jpg

リフトでも行けます。

_IGP9638.jpg

松山祭り期間中は夜も開放されており、辺りがライトアップされるようです。

_IGP9639.jpg

_IGP9641.jpg

_IGP9642.jpg

日本の12箇所に現存する天守の一つが存在する松山城。
主な城主 として、加藤氏、松平(久松)氏が挙げられる。

_IGP9643.jpg

_IGP9645.jpg

_IGP9646.jpg

_IGP9653.jpg

_IGP9654.jpg

やはり甲冑はカッコいい。

_IGP9647.jpg

_IGP9648.jpg

十字槍かっこええなー

_IGP9649.jpg

_IGP9650.jpg

先端はほんの短いのね!

_IGP9651.jpg

_IGP9652.jpg

刀も良い!

_IGP9655.jpg

_IGP9656.jpg

天守からの眺め。

_IGP9658.jpg

_IGP9660.jpg

_IGP9661.jpg

_IGP9663.jpg

松山城を満喫したところで、下山。
同じくロープウェーで下る。

_IGP9664.jpg

今日もとんでもない暑さなので栄養補給に。

さて、お次は松山祭りにいくことに。

何と言っても珍しい?のは野球拳サンバという踊りがあること!
♪や~きゅう~、す~るなら~、こ~ゆ~ぐあいにしやさんせ~。誰もが一度は耳にしたことがあろう「野球拳」。この「野球拳」が誕生したのがここ松山。

_IGP9666.jpg

昨年度の表彰式。

_IGP9667.jpg

_IGP9668.jpg

_IGP9671.jpg

_IGP9673.jpg

炎天下の中、ここらへんで陣取り!

_IGP9674.jpg

野球拳の音頭に習って、参加チームが各々に踊ります!
初めはチルドレンという採点されない子供部門からのようです。

_IGP9682.jpg

_IGP9690.jpg

_IGP9691.jpg

小さな子供から大人まで各々がアレンジした野球拳踊りを!

_IGP9696.jpg

_IGP9701.jpg

_IGP9706.jpg

アナ雪の仮装。

_IGP9712.jpg

_IGP9716.jpg

_IGP9722.jpg

愛媛ゆるきゃら。

_IGP9724.jpg

_IGP9733.jpg

_IGP9736.jpg

松山東雲女子大。

_IGP9737.jpg

_IGP9740.jpg

昨年度最優秀賞のチーム モガ。

_IGP9741.jpg

_IGP9742.jpg

_IGP9750.jpg

_IGP9751.jpg

カラフル風船を使った踊りと衣装。

_IGP9754.jpg

_IGP9755.jpg

_IGP9758.jpg

オヤジダンサーズ。

_IGP9768.jpg

そんなこんなで野球拳サンバは終了!

さすがに他の四国の祭りとを比べると、規模的に小さいですね。
それでも伝統的な感じは良い!

_IGP9770.jpg

祭り後は、ほてった体を冷やそう?と
郷土料理 五志喜 本店に行くも、満員・・・。

郷土料理が食べたかったのだけれど、仕方ない。
道後温泉にもどることに!

_IGP9771.jpg

_IGP9775.jpg

_IGP9776.jpg

_IGP9777.jpg

夜も雰囲気もすこぶるいいよ!

_IGP9780.jpg

日曜の夜なのだけれど、盛り上がってます。
どこで食べるかな~と、探すと

_IGP9778.jpg

味倉

食べログでも低評価のお店ですが、安いのでいいかなといった感じ。
20分ぐらい待って中へ。

_IGP9782.jpg

メニュー表の一部。
大体のお客さんが鯛めしを注文しております。
南予風鯛めしの大盛り(1180円)と、

_IGP9783.jpg

道後にごりざけ580円をチョイス。

_IGP9785.jpg

道後蔵酒

口に含むまでは香りは弱め、後味は辛めで余韻として、芳醇な香りがします。
にごりならではの雑な、洗練されていない感じが良いですね。

_IGP9787.jpg

南予風鯛めし
薬味を入れて茶漬け風に頂きます。

味は・・・、普通!
予想はしていたけど、評価なりですね!

旅の最後の夕飯ということで、もう1品チョイス。

_IGP9791.jpg

頬垂れ茶漬け680円。

_IGP9792.jpg

濃い味で、酒が進みます。

しばらくゆっくりして、合計2640円のお会計。
鯛めし・・・微妙やったな!普通の食堂、居酒屋のレベルでした。

酔いも程良い感じで、

_IGP9793.jpg

道後温泉!
タオルと石鹸セットで410円。

めっちゃ人が多かったですけど、わが国最古の温泉に入れるだけで気分はいいですね!

_IGP9799.jpg

改めて道後ドミトリーホテルでチェックインを済ませる。
こちらは共有スペース。

ゆっくり休んで、旅の最終日を迎えます。


4日目使用金額
交通費: 4600円(私鉄、高速バス【高松-愛媛】)
 食費: 3802円(朝昼 1162円, 夜2640円)
宿泊費: 2800円
観光費: 1450円(松山城ロープウェイ、道後温泉)
御土産: 1650円(日本酒 石鎚グリーン)

合計: 14302円
Theme : お祭り&行事 * Genre : 地域情報 * Category : 四国地方
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。