FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-03-15 (Tue)
2015-3-15(火) 9日目ルート

午前: ホテルで朝食⇒フォロ・ロマーノ コロッセオ

午後: バチカン市国⇒ハドリアヌス廟⇒トレビの泉⇒ディオクレティアヌス浴場⇒Hotel legendsに宿泊


                  旅のルートについてはこちらを参照下さい。別リンク



_IGP1986.jpg

_IGP1988.jpg

7:30起床。ホテルの朝食はいたって普通。
agodaで月曜日の夜はピザ食べ放題!なんてのを書いていたけど、全くなかったぞ!



_IGP1990.jpg

_IGP1992.jpg

_IGP1993.jpg

朝のローマを歩く。基本的に今日は全て徒歩移動。

天気は小雨であったり、晴れたりと忙しい。

_IGP1997.jpg

小道の向こうにはコロッセオが見える。

_IGP2000.jpg

_IGP2003.jpg

_IGP2004_2017052423580215f.jpg

_IGP2007.jpg

ローマの街は坂道が多く、町並みは歴史を感じる。

_IGP2008_20170524235804a60.jpg

_IGP2009_20170524235806c71.jpg


まずは、かつて古代ローマ時代の遺跡であり、憩いの広場であったフォロ・ロマーノ に行き、共通券(コロッセオ・丘等)を12ユーロで購入。

_IGP2011.jpg

_IGP2014.jpg

_IGP2017.jpg

_IGP2036.jpg

_IGP2035.jpg

_IGP2039.jpg

_IGP2040.jpg

_IGP2045.jpg

お次はコロッセオに。

_IGP2106.jpg

_IGP2099.jpg

_IGP2053.jpg

コロッセオは約2000年前に建てられた円形闘技場で、世界遺産に指定されています。
周囲527メートル、高さ48.5メートル、約5万人を収容できた、とてつもなく巨大な建物。

フォロロマーノで共通券を買っていたので、列に並ぶのですが、それでも結構時間はかかる。
カバン等のセキュリティチェックもあります。

5.5ユーロで日本語の音声ガイドを購入し、入場!

_IGP2059.jpg

_IGP2062.jpg

_IGP2064.jpg

_IGP2067.jpg

_IGP2072.jpg

_IGP2073.jpg


_IGP2058.jpg

まさに映画「グラディエーター」の地!
剣闘士たちが命を賭け、闘いを行っていた場所!
他にも水中ショーなど様々な催しが行われ、食料も無償で配布されていたそうで、
皇帝はローマ市民に娯楽の場を提供することで、権力を絶大なものにしていったもよう。

よく考えるとスゴイ時代だ。

_IGP2087.jpg

当時上流階級専用の席には名前が彫られております。

_IGP2083.jpg

_IGP2089.jpg

_IGP2091.jpg

_IGP2096.jpg

_IGP2081.jpg

_IGP2080.jpg

コロッセオのすぐ隣にあるのが、こちらの「コンスタンティヌスの凱旋門」。
コンスタンティヌス帝が皇位を争うマクセンティウス帝を破った「ミルヴィオ橋の戦い」の勝利を記念し、315年に建てられましたもの。
高さ21m、幅25m、大理石製の巨大な門で、非常に美しく繊細な彫刻が施されており、
その前にある広場には噴水があったそうです。

コロッセオを去る間際、ミサンガの押し売り親父から 「ナガトモー!ナガトモー!」と連呼された笑った。
地元の日本人といったらそうだよね。
さて、、次の目的地へ。

_IGP2107.jpg

_IGP2109.jpg

有名な真実の口。
ちなみに手を突っ込むのにめちゃくちゃ並んでおり、隣の柵から写真だけ撮る

_IGP2110.jpg

_IGP2111.jpg

テベレ川。
川の真ん中が排水溝となっており、何だか違う感じ。

_IGP2112.jpg

_IGP2117.jpg

バチカン市国。

_IGP2125.jpg

_IGP2126.jpg

_IGP2131.jpg

_IGP2128.jpg

_IGP2132.jpg

とにかく人が多い。特に若者。
後、西洋の若者は、どこでも地べたに座り込んで飲食している。
文化的にそういうものなのかもしれないが、こういった重要な地でよく食べれるなと。

_IGP2135.jpg

_IGP2145.jpg

_IGP2142.jpg

中に入るには空港並みの厳重なセキュリティチェック。

_IGP2137.jpg

_IGP2147.jpg

_IGP2195.jpg

建物の広さ、装飾がとにかく、とんでもない。
あまりにも凄く現実感がない宮殿です。

_IGP2161.jpg

_IGP2160.jpg

_IGP2164.jpg

_IGP2166.jpg

_IGP2167.jpg

_IGP2170.jpg

_IGP2176.jpg

_IGP2177.jpg

_IGP2178.jpg

何故サンタ?

_IGP2180.jpg

_IGP2199.jpg

黄色いポスト。

_IGP2201.jpg

お次はハドリアヌス廟
入場料は10ユーロ。

五賢帝の一人ハドリアヌスが、自分と後継者のために建設した墓らしいのだけど、
ハドリアヌスの存命中に完成しなかったため、本人はすぐには埋葬されず、完成したのは次の皇帝アントニヌス・ピウス治下の
139年。以後、カラカラまでの歴代皇帝がここに永眠したらしい。


_IGP2202.jpg

エディンバラで見たことあるやつで笑った。
どこでもいんだな!

_IGP2203.jpg

_IGP2205.jpg

_IGP2204.jpg

_IGP2209.jpg

_IGP2215.jpg

_IGP2214.jpg

珍しい虫の彫刻。

_IGP2216.jpg

_IGP2217.jpg

頂上から眺めるローマの景色。
この街並みが見れるだけでよい!

_IGP2219.jpg

_IGP2222.jpg

_IGP2223.jpg

_IGP2225.jpg

大天使ミカエル像

_IGP2226.jpg

霊廟を後に。

_IGP2233.jpg

_IGP2228.jpg

お次はトレビの泉。

_IGP2227.jpg

_IGP2231.jpg

コイン2枚を投げる。
あれ、2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができるとかあるのだけれど、1人できたので意味がないのか・・?


_IGP2234.jpg

_IGP2235.jpg

_IGP2236.jpg

近くのジェラート屋さんでジェラート2.5ユーロ(チーズケーキ)を食べる。
美味しい!けど、日本とそれほど変わらないきも・・・。

_IGP2238.jpg
_IGP2240.jpg

お次は、ディオクレティアヌス浴場へ。

_IGP2241.jpg

_IGP2242.jpg

入場料は7ユーロ。

_IGP2243.jpg

_IGP2245.jpg

_IGP2247.jpg

_IGP2250.jpg

_IGP2251.jpg

_IGP2252.jpg

_IGP2253.jpg

_IGP2254.jpg
_IGP2260.jpg

_IGP2259.jpg

_IGP2266.jpg

_IGP2267.jpg

_IGP2268.jpg

そんなこんなで観光を終えてホテル近くのピザやさんへ。

_IGP2274.jpg

前日の夜に結構客が入っていたので美味しいんだろうなぁおもいつつ

_IGP2271.jpg

_IGP2272.jpg

よく見たら値段も1切れの値段でなくてグラム数管理なのね。
オニオンピザ、チーズのピザで450g?(4.5ユーロ)

_IGP2273.jpg

生地がとにかく厚い。完全にグラム数意識してますね・・・。
また、味が・・・薄く、味がない。
チーズの塩味のみで、オニオンは辛味があって辛い。
タバスコなどの調味料もないし、外国のピザはまずいね!

_IGP2275.jpg

宿に戻り、ビールを飲むも、普通のラガー系でおもしろくなく、就寝。


9日目使用金額
交通費: 0円
 食費: 1235円
観光費: 3770円
宿泊費: 1900円


合計: 6905円

Theme : ヨーロッパ * Genre : 海外情報 * Category : ヨーロッパ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。