FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-09-19 (Sat)
2015-9-19(土) 9日目ルート

午前:はむ家を出発⇒幸福活力的早餐でハンバーガーを購入⇒台南から自強号で台中へ


午後:台中をぶらぶら⇒正老牌香菇肉羹で昼食⇒仁友客運のバスで台湾最大のアミューズメントパーク九族文化村
    九族文化村からロープウェーを利用し、台湾で最も大きな湖のある日月潭へ⇒仁友客運で台中駅へ戻る
    駅近くの鉄板焼き丼?のお店で照り焼き丼を食べる⇒背包41青年旅館に宿泊


ルートなどのマップは以下のURLからどうぞ!
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zFmwaa-wGFRI.kyO3muYEDYQA&usp=sharing



6:30頃起床。
シャワーを浴び、出発です!

_IGP0019.jpg

早朝、共用のリビングルームには誰もおらず、置手紙をし、はむ家を去る。
この何とも言えない寂しさというのも、旅の醍醐味かもしれません。

_IGP0020.jpg

朝ご飯は近くの、幸福活力的早餐というハンバーガー屋さん?で買いました。
ハンバーガー卵入り( 30元 120円)、ハムエッグトースト(25元 100円)、ミルクティー(20元 80円)をチョイス!
これを持って、台南駅へ!


_IGP0022.jpg

台南駅のホーム。


_IGP0024.jpg
_IGP0026.jpg_IGP0027.jpg

駅のホームで朝食を食べます。
映し方が汚いですが!ハンバーガーは直径10cmぐらいと大きい。ただパティはいつもの八角風の味付けで安心?
トーストも甘めの味付けで美味しい!

そいで、7:58 の台南駅から台中駅へ(345元 1380円)

_IGP0029.jpg

9:41に到着。
何だかレトロちっくな台中駅だな!

まずは、荷物を預けたいため、宿泊予定のホテルへと向かいます。

_IGP0031.jpg

背包41青年旅館

お値段は何と400元(1584円)!安い!
入ると、日本人スタッフがお出迎えしてくれました。

_IGP0034.jpg

こちらは、共有スペース。ポットやらティーやら自由に頂くことができます。

荷物を預け、日本人スタッフさんに、今日は日月潭に行く予定ですと伝えると、付近のバス乗り場について教えてもらいました!

_IGP0035.jpg

こちらがマップ。バスは南投客運がおススメということで、それでいくことに!(が、勘違いして結局は別のバスで行くことに)

さて、目的地に向かって台中をぶらぶら。

_IGP0036.jpg

美食街なんてのもありますね。

_IGP0037.jpg

結構多国籍料理が多い印象です。

_IGP0038.jpg

さて、目的のバス乗り場に?おそらくついたと思うので行ってみる。

_IGP0039.jpg

ふむふむ、この仁友客運というのがそうなのかな?(南投でない)

いざ、チケットを買おうとすると、目の前のおじさんが外に出てくる。
こっちに向かってくるのかと思いきや、美食街に方に行ってるんだけど・・・・。
どうやら、ご飯を食べに行くみたいです。

30分ほど待って帰ってきたところを捕まえて、九族文化村までの往復バス券と、入場券を購入。


_IGP0040.jpg

直接日月潭に行かず、九族文化村までにしたのは、こちらからですとロープウェーの料金が入場券に含まれている為、お得だからです!
ちなみに値段は、バス往復260元(1440円)と、入場券700円(2800円)と結構高めの金額!


さて、次のバスは12:30のため、まだしばらく時間があります。
というわけで、またもぶらぶら。

_IGP0042.jpg

歩いていると、ホテルのスタッフさんが言ってた南投客運を見つけた・・・。
本当はこちらの方がバスの本数が多く、かなり便利なのですが、さっきの券が払い戻しできるか分からないので、そのままに。

_IGP0044.jpg

遊戯王カードがありました!
サイコショッカーとか懐かしい!というか、こういうのは普通に日本語なんですね。

お腹も空いていたので、近くの人が多い店に入ることに。

_IGP0045.jpg

正老牌香菇肉羹

_IGP0046.jpg

燥肉飯(45元 180円)をチョイス!

_IGP0047.jpg

豚肉のあんかけご飯みたいな!
あっさりとした味わいでうまい!

_IGP0048.jpg

台湾では良くある調味料を掛けると、キレがましてグッド!

お腹も膨れたところでぶらぶら。

_IGP0049.jpg

ペットショップを見つけます。
台湾のペットショップは1つのケージに大量にペットが入れられています。
日本もそうだったっけ?

_IGP0051.jpg

_IGP0058.jpg

うさぎさん可愛い。
また宮内駅のもっちぃと遊びたいなぁ。

_IGP0060.jpg

10元(40円)のミルクティー。
とにかく甘い、キャラメルのような香りだが、本当にミルクティーなのか不明。
後、台湾は砂糖入りが安く、無糖が高いのは生産性の問題なのかな。

_IGP0059.jpg

さて、12:30のバスに乗ります。
ここからゴトゴトと揺られて14:20に到着!

_IGP0061.jpg

こちらが台湾最大のアミューズメントパーク九族文化村の入口。
九族文化村という名前の通り、台湾の原住民をテーマとした珍しいテーマパークです。

受付に購入したチケットを渡し、いざ中へ!

_IGP0094.jpg

こちらがパーク内の地図。英語版と台湾語版があります。

お目当てのショーが15:00にあるため、速足で向かいます!

_IGP0063.jpg

何だかアラジンというディズニーで見たことのあるアトラクションを発見!

_IGP0065.jpg

水戦場という水に突っ込んでいく乗り物?

_IGP0066.jpg

弓を体験できる場所。

_IGP0067.jpg

原住民の石像。

_IGP0068.jpg

_IGP0069.jpg

ナルワン劇場まで後500m!

_IGP0070.jpg

_IGP0072.jpg

_IGP0075.jpg

_IGP0077.jpg

_IGP0078.jpg

ブヌン族(布農族)という狩猟を生業としていた族。

_IGP0079.jpg

原住民に扮した(実際にそうかもしれませんが)スタッフさんと触れ合う?こともできます。

_IGP0080.jpg

ルカイ族。
ルカイ族スペースの彫刻は全て日本語を話せる御老人が作っているとのことです。

_IGP0083.jpg


_IGP0088.jpg

_IGP0187.jpg

こちらがナルワン劇場の入口。

_IGP0089.jpg

中央を囲むように席が作られており、既に多くのお客さんがいらっしゃいました。

_IGP0090.jpg

まだかまだかと、待っていると何やら船を漕いでやってくる。

_IGP0092.jpg

どうやらアイス?を売っているみたいです!

この後、ショーで歌うDVD?の販売にもやってきて笑いましたw

_IGP0096.jpg

TV撮影もやっている?みたいですね。

_IGP0102.jpg

そんなこんなで司会者を主体にショーが始まる。

_IGP0105.jpg

_IGP0106.jpg

先日の阿美文化村(アミ族)の踊り主体のものと違い、こちら(ナルワン族)は主に歌とダンスで盛り上げております。

_IGP0107.jpg

_IGP0108.jpg

日本語のアナウンスはさすがにないため、由来が分かりませんが、それでも何となく雰囲気は分かります。

_IGP0111.jpg

_IGP0112.jpg

_IGP0117.jpg

可愛らしい女性が多く良いですね!

_IGP0118.jpg

何やら男の人が走ってきて、中央にあるロープで対岸へと渡るそうです。
若い人達は順調に渡っておりますが、1人ヘトヘトになりながら何度もチャレンジをする大人の方が。

ショーなので落ちるのかな?と思いきや

_IGP0122.jpg

何とか渡り切りました。
これには会場から拍手!
台湾ナビでは落ちる!とか書いてあったので、少し期待してました!

_IGP0123.jpg

_IGP0125.jpg

最後は中央で集まって・・・。

_IGP0128.jpg

ナルワン!で終わり!


さて、ショーを楽しんだところで、今度は日月潭に向かう為、頂上のロープウェーへと!

向かう途中、何やら意味深のものを見つける。

_IGP0129.jpg

日本でも「かなまら祭」というので、これかありましたね。

_IGP0131.jpg

_IGP0132.jpg

_IGP0130.jpg

神話等が描かれている石みたいです。


_IGP0133.jpg

そして・・、ロープウェーの入口!

_IGP0135.jpg

修学旅行?か何かの学生さんもいらっしゃいました。

_IGP0137.jpg

満を持して乗車!

ガタゴトと物凄いスピードで駆け抜けていく・・・・。
今まで乗ったロープウェーで一番早いのではないだろうか!

_IGP0148.jpg

日月潭まではまさに山を登る!

全長1,877mを誇るロープウェイ。中間には2つの山が位置しており、日月潭寄りの卜吉山7号柱は996m、九族文化村寄りの8号柱はなんと1044mの高さ!

_IGP0145.jpg

_IGP0149.jpg

とにかく景色が素晴らしい!
これだけでアトラクションといっても過言はないです!

_IGP0153.jpg

さぁ、いよいよ台湾最大の湖、日月潭が見えてきました!

_IGP0155.jpg

乗車時間は20分程。
乗っている間は本当に楽しく、あっという間でした!

_IGP0171.jpg

_IGP0156.jpg

_IGP0158.jpg

_IGP0159.jpg

雰囲気はまさに、リゾート。日月潭。
みんな思い思いに過ごしている場所でありますが、

_IGP0166.jpg

中には泳いでいる方もいました。

_IGP0182.jpg

_IGP0168.jpg

こちらの通路から歩けば対岸に渡れるらしいですが、時間的な余裕もなかったので、ロープウェー側でぶらぶらすることに。

_IGP0170.jpg

テントも張れるんですねー。
そして、帰りのロープウェーへ。

_IGP0179.jpg

さよなら日月潭!

_IGP0181.jpg

_IGP0185.jpg

ロープウェーから眺めていたら、登山道?みたいな階段を発見!

_IGP0183.jpg

ただいま九族文化村

帰りはゆっくりと、周りの施設を回っていきます。

_IGP0186.jpg

神石亭。
日本のラーメン屋さんみたいなのがありました。

_IGP0188.jpg

_IGP0189.jpg

阿美族のスペースもありますが、ショーの時間帯は残念ながら過ぎてました。

お別れのショーが16:30から始まるのでそちらの方へ行くことに。

_IGP0193.jpg

あれ?片づけている?

_IGP0191.jpg

_IGP0192.jpg

ショーの人達も、ぞろぞろと帰っていってます。
16:30開始のはずですが、16:30には終わってる!?なんだこれは!

_IGP0198.jpg
もう少し待ったのですが、何も起きず、近くのアラジンスペース?で時間をつぶすこに。

_IGP0197.jpg

ハンマーで叩いてカエルを飛ばすゲーム。
以前あった東京フレンドパークで見たような!(ハンバーガー)

_IGP0199.jpg

アラジンスペースの中はこんな感じ。
子供でも遊べるようなメリーゴーランドなどが設置されています。

_IGP0201.jpg

_IGP0202.jpg

何かスペースマウンテンという某ディズニーでもあるような乗り物に乗ってみた!

_IGP0203.jpg

おお!何か雰囲気が凄く似てる!
急加速の具合も良い感じだったのだけど、予想以上に早く終わった!1分ぐらいだったような・・・。
劣化スペースマウンテンでした。
というかこれは、普通にパクリってことなのかな?


_IGP0204.jpg

ジュラシックパークみたいな。

_IGP0205.jpg

_IGP0208.jpg

_IGP0209.jpg

何かユラユラとゴンドラみたいなのに揺られながら、しょぼい恐竜を見る。
つまらない・・・。

_IGP0210.jpg

金鉱山探検。

_IGP0211.jpg

_IGP0212.jpg

ん?スプラッシュマウンテンかな?

_IGP0215.jpg

まんまでした・・・。

お次は大きな庭のようなところ?

_IGP0219.jpg

一風変わってヨーロッパちっく。

_IGP0216.jpg

_IGP0218.jpg

トロッコ列車のようなものが走っている。

_IGP0220.jpg

_IGP0223.jpg

そんなこんなで帰りの時間に!

17:50の最終便のバスで帰ります。
が、待てど待てど来ない・・・・。
南投バスの方は先に来ているのに、不安になる・・・。

約20分ほど遅れて仁友客運のバスがきた。こんなところに取り残されたら洒落にならんので結構ビビりました!
約2時間ほどで、台中市内へ。

_IGP0224.jpg

_IGP0225.jpg

食事するところを探しにうろうろ回っていると、歩道でバーベキューっぽいことをしている学生?を見て笑ってしまった。
ほんとに何でもありだね!

_IGP0226.jpg

_IGP0227.jpg

色んなのがあるなぁ。

_IGP0228.jpg

めぼしいのが無かったので、美食街なるところに行くも、多国籍料理屋ばかり。
働いているのは、東南アジア系(インド等)が多く、手であしらわるなど、物凄く無愛想。
観光客は相手にしていない模様。

昨日の阪神ファンが言っていた通り、台中の多国籍の人は好きじゃないな。

_IGP0231.jpg

_IGP0232.jpg

途中、マンゴーかき氷(70元 280円)を頼む。
マンゴーは普通に美味しいが、氷が美味しくない・・・。
そういえば、台湾の氷で大丈夫だったっけ?などと心配になる。


_IGP0233.jpg

夕ご飯は駅近くの照り焼き屋さんで。
やたら日本を意識しているお店でした。

_IGP0234.jpg

照り焼きチキン丼(75元 300円)
付け合せは目玉焼き、八角ミート、豆腐、もやし炒め。

_IGP0236.jpg

甘みが強く、日本の照り焼きのような感じで悪くなかったです。

ホテルに戻ると、同じ部屋にイケメンの日本人と出会う。
どうやら同じ九州出身らしく、初海外なのに40日もタイ、ベトナム、カンボジアと旅をしているそう!
特にその辺の地域は日常ありえないことがおこることがあるから楽しいと話していました。
30分ほど話したところで、彼は夜市へ出かけていきました。スゴイ人だ!

_IGP0237.jpg

_IGP0239.jpg

近くのコンビニでビールを買う。
雪山ビール(40元 160円)
まさに雪解け水のように薄い。これほど薄いビールは記憶が無く世界で一番薄いんじゃないかと思うぐらい!

台湾ビールの小麦ver(37元 148円)
飲み始めの香りはウィートの良い感じで、エールビールで無いので後味は非常にあっさり。
何だか不思議な感じ。

そんなこんなで長い1日が終わり。



交通費: 2376円(594元)
 食費: 2100円(朝昼 140元, 夜 232元)
観光費: 2800円(700元)
宿泊費: 1500円(375元)

合計: 8164円
Theme : 台湾 * Genre : 海外情報 * Category : 台湾
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。