FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-04-06 (Mon)
2015-4-6(月) 12日目ルート

午前: 秋田駅から富樫義博の出身地、新庄駅へ⇒山寺駅に行き、歴史が灯る 山寺 芭蕉の風景

午後: 山寺、赤湯と乗り継ぎ、山形県の山形鉄道フラワー長井線、宮内駅へ⇒ウサギの駅長さんにあいさつ
    三羽のうさぎ - 東北の伊勢 熊野大社⇒米沢駅で駅弁購入⇒新白河駅へ、ネカフェリラックスに宿泊



朝4時50分に起床。
テレビをぼんやり見ていると4/8に成田空港でLCC用の第3ターミナルが開設されるとのニュースが。
4/8といえば、丁度旅の最終日で、同日にピーチで福岡に行く予定です!何だが地味に嬉しい。

_IGP7852.jpg

秋田駅から最初の目的地、山寺駅へと向かいます。

_IGP7853.jpg

このスズメ、江ノ島でも見たような?

_IGP7859.jpg

大体3時間ほどで新庄駅に到着。
乗り換え時間があるのでしばらくぶらぶらすることに。

_IGP7860.jpg

ちなみに今はココ。山形の右上らへんです。

_IGP7862.jpg

駅内には新庄まつりの催し物?が飾ってありました。

_IGP7864.jpg

そして、一番驚いたのが、駅にハンターハンターのポスターが飾ってあったこと!
何で?と思って、観光案内所の方々に聞いたのですが、どうやら作者の富樫氏の出身地がこの新庄だそうです!

これには嬉しくなり、案内所の方の御厚意で映画(ハンターハンター)のポスターを頂きました!
2013年12月のラストミッション?という映画みたいです。
また、最近まで展示展もやっていたそうですが、どうやら4月に入るぐらいで終わったそう。こちらは残念。

_IGP7867.jpg

富樫さんがデザインした、かむてん?というキャラクター。

いやー、しかし、この新庄駅も前日の乗り換えミスがなければ来ることができなかった駅(田沢湖駅発だと違う方面)
ですので、このような偶然の縁があって幸せですね。

_IGP7868.jpg

10:35頃に羽前千歳駅に到着。

_IGP7871.jpg
_IGP7873.jpg

こちらは無人駅ですので、誰もいません。
おにぎりを食し、山寺方面へと向かいます。

_IGP7874.jpg

11時頃に山寺駅に到着!
趣のある駅ですねぇ。


_IGP7875.jpg

さぁ、バックパックを背負って山に登るぞー!と思うと、近くのレストランの方が声を掛けて下さいまして、
荷物を預かってもらうことに!
有り難いです・・・!御厚意に感謝!

_IGP7879.jpg

山寺ということで本当に山の中にあります。
川のせせらぎ等、自然豊かで気持ちの良いです。

_IGP7880.jpg

あの山の上まで行きます!

_IGP7884.jpg

日枝神社登山口からドシドシ上がっていきます。

_IGP7887.jpg

名勝・史跡 山寺

_IGP7890.jpg

この根本中堂が立石寺の本堂であり、本尊で50年に一度しかご開帳されない「薬師如来」や建立当時に比叡山中堂より移され
1000年以上も灯り続けている法灯があるところです

_IGP7892.jpg

_IGP7893.jpg

招福布袋尊(しょうふくほていそん) 身体の悪い所を触って拝むと治るというもの。

_IGP7897.jpg

_IGP7908.jpg

_IGP7913.jpg

_IGP7914.jpg

山寺と言えば、松尾芭蕉 奥の細道でお馴染みの
閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずかさや いわにしみいる せみのこえ)でお馴染み。
これは、松尾芭蕉が元禄2年5月27日(1689年7月13日)に出羽国(現在の山形市)の立石寺に参詣した際に詠んだ発句であります。


_IGP7916.jpg

_IGP7917.jpg

そして入場口で観光料300円を支払い、いざ登山!?

_IGP7918.jpg

緑溢れる自然の中を歩く。
その場の空気や、雰囲気も良く、気持ち良く歩くことが出来ます。

_IGP7923.jpg

灯篭の中に置かれているグラス(おそらく灯りを入れるためのもの?)に描かれていたのはサクランボでした。
こんなところにも山形らしさが表れています。

_IGP7924.jpg

山頂までは約1000段の階段を上ります。

_IGP7926.jpg

道中、こんな大岩に道を遮られながらも。

_IGP7929.jpg

_IGP7931.jpg

修行者の参道や、

_IGP7936.jpg

_IGP7935.jpg

芭蕉の句をしたためた、せみ塚

_IGP7939.jpg

_IGP7937.jpg

姿が阿弥陀如来に似ていることから「丈六の阿弥陀如来」 弥陀洞。
仏の姿に見えると幸せになれるというもの。

_IGP7945.jpg

_IGP7944.jpg

そして、ここを潜れば頂上・・・!という仁王門。

上りきると・・・。

_IGP7979.jpg

もう素晴らしい風景!

_IGP7982.jpg

_IGP7988.jpg

_IGP7986.jpg

あんな断崖絶壁に良く建物を建てたなぁというのが印象的。


_IGP7958.jpg

頂上でありますが、ポストもありました!
住まわれている住職さん達のものなのでしょう。
ですが、毎日1000段もの階段を郵便局の方が上って、持ってくるのでしょうか・・・?

_IGP7971.jpg

そして一番奥にある奥の院。
奥の院には慈覚大師が中国で修行中に持ち歩いた釈迦如来と多宝如が本尊となっております。

_IGP7977.jpg

_IGP7974.jpg

奥の院前にある巨大な灯籠。奥の院に続く階段の脇にあります。
材質は青銅ですが、一般的には金灯籠と呼ばれているそうで、灯籠は金華山、金比羅山の灯籠と共に日本三大灯籠と呼ばれております!

この後は隅々までゆったり回ることに。

_IGP8007.jpg

_IGP8001.jpg

絶壁の建物からチラリ。

_IGP8003.jpg

雄大な景色です。

_IGP8005.jpg

ただ許せないのが、落書きが多い事・・・。しかも日本人ですよね。
こんなに素晴らしいところなのに・・・・残念。

_IGP8010.jpg

十分に堪能したところで、下山。

_IGP8014.jpg

_IGP8016.jpg

行きには気付かなかった姥堂なんてのもありました。中々に怖い!
そして、根本中堂に戻り、

_IGP8026.jpg

像を見たりと。(これ何でビニール袋を付けているのでしょう?)

_IGP8028.jpg

なんだかんだで駅近くまで戻り、

_IGP8034.jpg

気になった、ぬれせんべいのお店で食べる!

_IGP8035.jpg

おすすめを聞いたところ、1枚200円の七味唐辛子のものがおススメでしたので、それをいっときました!

_IGP8036.jpg
_IGP8037.jpg

お店の中に入り、お茶を頂きながら、初めてのぬれせんべいを食べる!
自然薯が入った煎餅は濃い目で、お茶と良く合います。
食事スペースにはオウム返しのおもちゃがあったので、それと戯れながら?ゆったり過ごしました。


_IGP8038.jpg

_IGP8039.jpg

そして、荷物を預けているお土産屋さんに戻り、名物の力こんにゃく(100円)を注文。

_IGP8040.jpg

カラシとの相性は抜群ですね!

お店の方にお礼を言い、この後は山形駅と乗り継いで、中継地点の赤湯駅へ。

_IGP8042.jpg

赤湯駅に入ると、驚いたのが駅内の天井にハングライダーが展示されていること。
なぜ?と思ったので、案内所の方に聞いてみると、どうやら、この赤湯という地域は風が良く、スカイスポーツに適しているとの
ことで、実際にも何かが開催?されており、そのようなことから理由と言うことです。
後、温泉も有名みたい。

_IGP8045.jpg

赤湯駅の外観もハングライダーを模した形状だそう。
駅毎に特色があるのはいいことですね!

_IGP8050.jpg_IGP8051.jpg

近くの物産館で、ゆべしを購入。
クルミが香ばしく美味しい・・・。

_IGP8046.jpg_IGP8048.jpg

そして、山形鉄道フラワー長井線というローカル線を利用して、宮内駅へと向かいます!

_IGP8053.jpg

趣のある電車に揺られ

_IGP8054.jpg

宮内駅に到着!
何でこんな秘境の駅に来たかというと、それは!

_IGP8055.jpg

_IGP8058.jpg

ウサギの駅長さんがいる駅だからです!
こちらの白いウサギちゃんのお名前は、もっちぃ。

_IGP8069.jpg

平成22年に置賜農業高校で生まれた女の子です!

_IGP8063.jpg

このプリッとしたキュートなお尻・・・可愛い!
あっ、ちなみにウサギさんのいる、お部屋は普通の待合室とは違いますので本当に触れ合う方しか入っておりません(自分だけ)
(線路側しか入れません)

_IGP8060.jpg

昔は抱っこできたみたいですが、東日本大震災の影響で嫌がるようになったみたいです。

_IGP8065.jpg

こちらは駅員の、てん君。

_IGP8073.jpg

眠そうな顔をしてます。

_IGP8067.jpg

こちらも駅員の、ぴーたー。
一番人懐っこい?活発な男の子です。

_IGP8068.jpg

六角さんや山田まりやさんも来られたみたいです。

_IGP8074.jpg

かめさんもいるみたいですが、冬眠中だそうです!

さて、宮内には、もう一つの観光名所があります。

_IGP8079.jpg

_IGP8080.jpg

それは東北の伊勢 熊野大社
三羽のウサギ伝説で有名です。

熊野大社まで歩くと、肉や魚屋さんなどの個人商店が多いイメージでした。

_IGP8087.jpg

_IGP8089.jpg

_IGP8090.jpg

熊野大社は縁結びで有名で、三羽のウサギもそれが所以です。

_IGP8096.jpg

_IGP8098.jpg

以下熊野大社さんのHPより引用。
熊野大社の本殿裏に、うさぎが三羽隠し彫りされています。いつ頃からか定かではありませんが、うさぎを三羽見つけた人が次々と大成功を収めたことや、恋や願い事が成就したことから、「願いが叶う」「しあわせになれる」と言い伝えられています。 最後の三羽目は、人から聞いたり、場所を教えてしまうとご利益がなくなると言われてきたため、授与所で二羽目までの手引書をお渡ししております。 お声掛けいただければ、ご案内致します。

ということで、上の写真のどこかにウサギさんが一匹いますが、教えてしまうと御利益がなくなりますので、そのままで!
(ちなみに自分は1匹も見つけることが出来ませんでした。本当に隠し彫されてる)

_IGP8075.jpg

さて宮内駅に戻り、ウサギの駅員さんとのお別れの時間がやってきました。

_IGP8076.jpg

_IGP8108.jpg

大福のようなもっちぃ・・・バイバイ!

_IGP8121.jpg


_IGP8115.jpg

活発な、ぴーたー。また会おう!

_IGP8122.jpg

そんなこんなで赤湯駅を離れ、福島県の米沢駅へ。

_IGP8123.jpg

米沢駅。

_IGP8126.jpg

上杉まつりも四月末に開催されるみたいです。
このような看板を見ると、山梨の甲府や、新潟の直江津などに行きたくなりますね。

また、米沢といえばお肉!ということで。

_IGP8128.jpg

全国の駅弁で一番売れているという牛肉どまん中弁当(1150円)を購入!
山形県産米「どまんなか」をふっくら炊き上げ、その上に特製のタレで味付けした牛そぼろと
牛肉煮をのせた牛丼風のお弁当です。 (米沢牛ではありません)

_IGP8129.jpg

とにかく肉肉肉!
牛とそぼろの二段構えで、濃い目の味付けは食欲がわきます!
分かりやすい味!煮付けなども添えてありますが、それは飾りですね。もう肉のイメージが強烈です。

そして、米沢駅からの乗り継で、新白河駅へ。
白河駅の近くには、お城があり、夜はライトアップされているとの御話ですが、行く体力もなく、行かず・・・。

_IGP8132.jpg

白河のイメージキャラクター?

_IGP8133.jpg

ここはゴルフが有名みたいですね。

_IGP8134.jpg

_IGP8135.jpg_IGP8136.jpg

ここにも芭蕉さんが!本当に各地を歩いていたのですね。

_IGP8137.jpg

夜は、近くのインターネットカフェ りらっくすで。
感想ですが、とにかく汚い、コンセントが無いなどの不便で、シャワーも有料(といっても110円ですが)
8時間のプランでとにかく終わらせたいので、明日の朝は3:10起きの予定。


12日目使用金額
交通費: 1950円(東日本パス + 私鉄)
 食費: 1712円(朝昼 562円, 夜 1150円)
観光費: 300円
宿泊費: 1940円
シャワー: 220円

合計: 6122円
Theme : 一人旅 * Genre : 旅行 * Category : 関東・東北・北海道
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。