FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-03-31 (Tue)
2015-3-31(火) 6日目ルート

午前: レンタサイクルで遠野市内観光⇒カッパ淵伝承園⇒伝承園で昼食(ひっつみや、けいらん)


午後: 福泉寺遠野ふるさと村とおの物語の館遠野との別れ⇒JR釜石線で花巻、盛岡駅に
     IGRいわて銀河鉄道線(東日本パスで乗れます)で、青森県三戸駅へ
    青森まちなかおんせんで入浴⇒ 唯一の寝台列車・急行はまなすで北海道へ

移動ルートなどはこちらから

7:00ぐらいの起床。

今日は遠野市内をゆっくりとお昼ぐらいまで観光する予定。
ただ、予定しているレンタサイクルの営業時間が9:00からということで
朝は、お風呂に入ったりとゆっくり。

出発の前に店主さんと世間話。
話題は東日本大震災で、遠野市内も影響を受けたそう。
民宿りんどうさんは、目立っての損壊は無かったそうですが(といっても見えないところでガタがあるとのこと)、遠野市役所が全壊したそうです。
震災から4年経った今でも余震が続いており、宮崎もいつあるか分からないので準備だけはしたほうが良いと
ご指摘いただきました。
本当にいつあるか分からないですものね・・。

また、今年は特に雪が少ないそうで、住んでる方からしたら過ごしやすいとのこと。

9:10頃出発。
荷物はりんどうさんに預かってもらいました。

_IGP6906.jpg

レンタサイクルの旨を話したところ、割引券とドリンクをもらいました!
ありがたい!


_IGP6903.jpg

宿の前に昨日のネコが。

_IGP6907.jpg

東北電力。ここにもあるのですね。(当たり前ですが)

_IGP6912.jpg

朝の遠野駅。
駅名のフォントといい、趣を感じる造りです。

_IGP6913.jpg

駅前の像。なんだったかな?

_IGP6919.jpg

郵便ポストの上にカッパがいたり。

_IGP6922.jpg

どこそこいたりと、まさにカッパの町である遠野。

_IGP6921.jpg

_IGP6925.jpg


こちらの旅の蔵 遠野さんの観光案内所で自転車をお借りします。
電動と普通とかがあり、坂道が多いとお聞きしたので電動をチョイス!
(ちなみに5時間で1040円ほど)

_IGP6926.jpg_IGP6927.jpg

初めての電動自転車!
確かに電気で漕ぐ力がアシストされて楽ですね!
これなら坂道も余裕です!

_IGP6928.jpg

どこまでも懐かしい雰囲気のする風景


_IGP6935.jpg

可愛い保育園。

_IGP6932.jpg

これから伝承園、遠野ふるさと村と有名な観光地へ

_IGP6936.jpg

道中キツネの関所というものを見つけたので、自転車から降りて行ってみることに。

_IGP6938.jpg

書いてある内容を。

町場に来る村人たちの楽しみは茶屋酒を飲みながら、ほら話を吹きまくることでした。
帰り道、かかさまへの土産五十集(いそば・塩魚や干し魚)を首にかけ、夜更けにこのあたりを通ると、
美しい女が「風呂に入って酒っこあがんせ」と微笑みながら誘いかけ・・・夜が明けると我が身は泥田や肥だめにつかり、みやげはとうに消えていた。ドンドハレ

ちなみにドンドハレとは、岩手県の方言で、昔話〈民話〉の語り終わりの最後に付ける言葉です。
これでおしまい。めでたしめでたし。の意味。

_IGP6944.jpg

_IGP6947.jpg

_IGP6950.jpg

_IGP6953.jpg

そして伝承園に到着。

_IGP6955.jpg

クレヨンしんちゃんでおなじみ、原恵一さんの作品
河童のクゥと夏休みは、遠野が舞台だったのですね!

さて、伝承園に付いた早々ですが、先にカッパ淵へと向かいます。

_IGP6962.jpg

カッパ淵が近くなると、なにやら道路にカッパの足跡が!?

_IGP6958.jpg

あれはもしや・・・カッパ!?

_IGP6960.jpg

じゃなく、何かの人形?でした。
何か地味に怖い。

_IGP6973.jpg

安部屋敷。
(後から会ったガイドさんの御話ですが、安部という苗字は遠野で生まれたそうです。)

_IGP6983.jpg


_IGP6984.jpg

かっぱ淵。

カッパがどこかにいないか探していると、今年の4月1日からボランティアガイドを始める菊池さんという方が
声をかけて下さいました。(遠野は菊池性が多いみたい)
どうやら、丁度下見に来ていたそう。

どこから来たの?から話が広がり、宮崎県と遠野は繋がりがあるということを教えて下さいました。
ナント、宮崎県の西米良村と姉妹都市とのこと。

_IGP6986.jpg

ご覧の通り、何もないただの池。
ですが、何もないところに何故遠野の伝説が生まれたのか?
その歴史は遥か昔に遡り、様々な要素が繋がるという点がロマンであると菊池さんはおっしゃっていました。
同じく、観光地としてのデンデラ野も姨捨伝説でありますが、本当に何もないそうです。

何もないのがロマン。確かにそうだと思いますし、そこに自分も含め人が惹かれるのでしょう。

_IGP6980.jpg

_IGP6981.jpg

こちらは、初代カッパ名人。
カッパ淵日記には、旅人の思い思いが書かれていました。
ちなみに僕もチラッと書いておきました。

_IGP6966.jpg

お隣にある常堅寺。
こちらにはカッパの狛犬?があるそうです。

_IGP6988.jpg

こちらは普通の狛犬。
本当にあるのか心配になりながら探していると・・・

_IGP6990.jpg

ありました!
頭がお皿のカッパ狛犬?です!

_IGP6993.jpg

なるほど、火事の守り神として、境内に置かれているのですね。

さて、カッパ淵を堪能したところで、また戻って伝承園へ。
ちなみに伝承園は、遠野地方の農家のかつての生活様式を再現し伝承行事、昔話、民芸品の製作・実演などが体験できる場所です。

_IGP6999.jpg

こちらの共通券を購入。(1170円)
遠野市内の5施設を回る事ができる券です。

_IGP6998.jpg

_IGP7006.jpg

気になったのが、茅葺きの色。
上が5年経ったもので、下が3ヶ月前?に張り替えたばかりだったものです。


_IGP7005.jpg

遠野物語といえば、柳田國男さんの作品ですが、元々は日本でも起っていた「怪談ブーム」のさなか
当時新進作家だった佐々木喜善と知り合い、岩手県遠野の佐々木を訪問して『遠野物語』を執筆したものです。

ということで、始まりは佐々木喜善さんだったわけですね。

_IGP7018.jpg
_IGP7020.jpg

囲炉裏に入ると、語り部のお婆さんが遠野物語を語ってくれました。
炉の暖かさと、この懐かしげな雰囲気。良いですね。

_IGP7023.jpg

遠野は元々蚕が盛んであったので、それらが展示されております。

_IGP7026.jpg

座敷わらしの灯り。

_IGP7034.jpg

御蚕神堂(おしらどう)には千体のおしら様(蚕の神)が展示されています。
ちなみにおしら様とは、日本の東北地方で信仰されている家の神であり、一般には蚕の神のことです。

以下におしらさま伝説をwikiより。

馬娘婚姻譚
東北地方には、おしら様の成立にまつわる悲恋譚が伝わっている。それによれば昔、ある農家に娘がおり、家の飼い馬と仲が良く、ついには夫婦になってしまった。娘の父親は怒り、馬を殺して木に吊り下げた。娘は馬の死を知り、すがりついて泣いた。すると父はさらに怒り、馬の首をはねた。すかさず娘が馬の首に飛び乗ると、そのまま空へ昇り、おしら様となったのだという[2][6]。『聴耳草紙』にはこの後日譚があり、天に飛んだ娘は両親の夢枕に立ち、臼の中の蚕虫を桑の葉で飼うことを教え、絹糸を産ませ、それが養蚕の由来になったとある。以上の説話から、馬と娘は馬頭・姫頭2体の養蚕の神となったとも考えられている[5]。


神聖な場でありますが、なかなか不気味な雰囲気です。

_IGP7041a.jpg

自分も書きましたが、書き辛かったため字が汚い。
お賽銭である、100円を納めました。

_IGP7046.jpg

さて、昼食時になったので、伝承園内のお食事処でご飯を頂きます。

遠野の郷土料理がセットの、伝承園・けいらんセット(1200円)を頂きました。
ちなみに、ご飯は味噌おにぎりに変更できるらしく、変更し、
さらに、なめこ蕎麦を大盛りにしました。(+100円)

_IGP7048.jpg

お茶は、伝承園で採れた桑茶です。
香ばしく、独特な香りが特徴です。健康にもいいみたい。

_IGP7049.jpg

こちらがセット!美味しそうです。

さて、食べよう!と思ったところに、一人のお客さんがいらっしゃいました。
僕の大きなバッグに興味を持ったのか、隣の席に座り少し雑談。

どうやら、沿岸地区の職業訓練をする施設の事務員として働かれているみたいです。
最近では、元々エアライン(定期航空)だった方が300人ほど訪れているそう。
何となくスカイマークが心当たりな気もしますね。

時に震災の話になり、実際に遠野に住んでいる方からみると、復興というものはまだまだ進んでいないそうです。
震災からすでに4年・・・。こんなに復興は、厳しいものなのですね。

しかし、大きなバッグパックを持っていると誰かしら有り難いことにお声を掛けて下さいます。
本当に遠野の方は優しいですね!


さて、御話してくれた方が別れを告げ、ご飯を頂くことにします!

_IGP7050.jpg

こちらが、遠野名物 けいらん。
見た目の通り、鳥の卵の形をした白玉団子で、中には餡子が入っております。
もちっと甘くて美味しいです。
ちなみにこの汁は、ただのゆで汁?でした。

_IGP7052.jpg

味噌おにぎり。
香ばしく焼かれた味噌は食欲をソソリマス。

_IGP7051.jpg

大盛りにした、なめこそば。
ボリュームありで、満足!

_IGP7053.jpg

最後にひっつみ。
東北地方では様々な場所で食べられるこのひっつみは「すいとん」の一種で小麦粉を練り、煮汁に入れて煮込んだものです。
遠野のひっつみは鳥の出し汁が絶品とのことで、良いお出汁をしておりました。
(ちなみに遠野の名物一覧はこちら

人の温かさに触れた後の料理は格別に美味でした。

お次は、木彫としては日本最大の観音像がある福泉寺に向かいます。

_IGP7058.jpg

福泉寺

_IGP7059.jpg

竜宮門

_IGP7063.jpg

仁王門

_IGP7064.jpg

なんというか、強烈なインパクトの仁王。
どことなく、東南アジア風の印象。

_IGP7067.jpg

境内は広く、結構な坂道を上がっていきます。

_IGP7068.jpg

_IGP7070.jpg

道中は多くの塔がありますが、特に気にせず上っていくも・・・。

ナント頂上近くで、観光用の共通券を無くすハプニング。
時間的にも、本当に見たいものか悩んでいたため、日本一の木彫り観音様は見ずに、下山。


共通券は入り口付近に落ちており、無事でした。

お次は遠野ふるさと村に向けて出発。

_IGP7072.jpg

_IGP7073.jpg

遠野ふるさと村

遠野ふるさと村は、遠野の昔ながらの山里を再現した施設です。
村内は、江戸中期から明治中期にかけて造られた茅葺屋根の曲り家をそのままの形で移築しています。
小川が流れ水車がまわり、田畑があり、炭焼き小屋がありと、遠野の昔ながらの集落を再現しています。

最近では、「蜩ノ記」メインロケ地として使われていたそうです。

_IGP7074.jpg

熊のマスコットがお出迎え。

_IGP7077.jpg

こちらの案内図の通り、中は広いです。

_IGP7076.jpg

あまり時間がないのでサクっと中を散策。

_IGP7083.jpg

見事な原風景。
時間があれば、そこらへんに寝転がってゆっくりしたいものです。

_IGP7078.jpg

大工どん
流階級の民家として建てられたこの家は、遠野の曲り家と比較する上で価値ある曲り家です。

_IGP7079.jpg

巨大なわら人形が?

_IGP7080.jpg

ポニーのような。
これは、どういった意味なんでしょ?


_IGP7088.jpg

その他の家?に寄るとポニーがいたり、

_IGP7092.jpg

_IGP7099.jpg

_IGP7101.jpg

_IGP7100.jpg

水車小屋の中には臼があり、精米や粉挽きができるようになっています。
昔の人の知恵は凄いですよね。

水車小屋といえば、自分としてはアニメ版精霊の守り人の17話「水車燃ゆ」での御話が印象的で、
あれを見て実際に水車小屋を見てみたい!と思ったのを覚えております。
(ちなみに原作にはありません)

_IGP7102.jpg

_IGP7115.jpg

_IGP7116.jpg

蛙飛び込む睡蓮の池。

さて、一通りぐるっと回ったところで、電車の時間もあるので一度駅に戻り、
電動自転車を返します。

時間が40分ほど余裕があったので、とおの物語の館にいくことに。
(遠野城下町資料館はお休みでした)
こちらは、昔話を映像や音声で楽しむことができる「昔話蔵」や、語り部による昔話を聞くことができる劇場「遠野座」などが
あります。

_IGP7117.jpg

_IGP7119.jpg

このように座敷わらしや、ねずみの嫁入りなど、小さい子も、大きい子?も楽しめるような施設となっております。
こちらも意外と面白いものもあったので、時間を掛けてゆっくりみたいですね!

_IGP7121.jpg

お土産を購入。(648円)
中身は、よもぎのお団子です。


_IGP7122.jpg

15:08発の便で遠野を離れることになります。

_IGP7124.jpg

いよいよ、帰りが近づいてきました・・・。

_IGP7127.jpg

約1日という短い間でしたが、この遠野という地域では、僕にとって温かみのある出会いが多くありました。
僕の旅の都合上、1箇所に留まる時間というのは少ないです。
ですが、これまで一つの地域を離れる時は特に悲しいということは感じなかったのですが、
この遠野は違いました。
素直に物悲しい気持ちが残ります。

遠野。
また必ず僕は来ます。
その際は、また民宿りんどうさんに泊まって、今度は美味しい地元の山菜料理を頂きたいと思います。


さて、目的地は青森駅。今夜は寝台列車はまなすに乗って、北海道までいくのです。

_IGP7142.jpg

盛岡駅から、いわて銀河鉄道線に乗り換えて三戸へ向かいます。

_IGP7143.jpg

十和田湖に一番近い駅だそうです。

_IGP7144.jpg

_IGP7148.jpg

_IGP7150.jpg

駅には珍しく、ご自由にお読み下さいの本が置いてあったりします。
(ちなみに、雑誌もありましたが、何年も前のでした!)

_IGP7151.jpg

さて、20:49ごろに青森駅と到着。

_IGP7152.jpg

青森といったら、ねぶたですよね!改札口近くには、ねぶたのモニュメント?がありました。

_IGP7154.jpg

こちらの22:18の便で北海道にいくわけです!

_IGP7156.jpg

青森駅。
ちなみに寝台列車には、シャワーを浴びるところは無いため、近くの銭湯に寄ってお風呂に入ります。

_IGP7157.jpg

青森まちなかおんせん
入浴料は、420円。
大きな荷物はフロントにて預かっていただきました。

銭湯の中は、サウナを初め色々とありましたが、ジャグジーでゆっくりと疲れを癒しました。

_IGP7158.jpg

駅近くのコンビニで夕食と明日の朝食を購入。

_IGP7159.jpg

こちらの券で乗るわけでありますが、北海道東日本パスを買っているので、はまなすへは最安指定席券だけで
乗ることはできます。
ただ今回はのびのびカーペット席を1ヶ月ほど前に買ったので、そちらに乗ることに!

_IGP7161.jpg

_IGP7163.jpg

_IGP7164.jpg

のびのびカーペットのさらに、上段ということで、固有のスペースが設けられています。

_IGP7165.jpg

枕とマットがあり、快適!

_IGP7166.jpg

ちなみに下段の席はこんな感じ。
これでも十分なんです!

_IGP7168.jpg

夕食を食べて、就寝。

明日は1日かけて稚内へと向かいます。


6日目使用金額
交通費: 4360円(東日本パス + レンタサイクル + 急行はまなす)
 食費: 1428円(朝昼 1300円, 夜 128円)
宿泊費:    0円
観光費: 1170円(遠野市内 観光共通券)
お土産費:  648円

合計: 7606円
Theme : 一人旅 * Genre : 旅行 * Category : 関東・東北・北海道
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。