FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-03-28 (Sat)
2015-3-28(土) 3日目ルート

午前: 早朝の偕楽園を散策⇒水戸駅から宇都宮駅へ⇒宇都宮「みんみん 本店」で昼食

午後: バスで移動し、大谷観光(大谷美術館)⇒駅に戻り、JR日光線で日光駅へ⇒日光東照宮付近・並び地蔵散策
    ⇒JRを利用し、会津若松駅へ⇒ネットカフェ「アイカフェ 会津若松インター」に宿泊

使用レンズ: smc DAL 18-55mm WR

移動ルートはこちらより

6:00起床。
基本的に早朝は、偕楽園へのバスは通っていないため(9:00以降ならある)徒歩で、水戸駅から西へ向かいます。

_IGP6030.jpg

朝食(100円)

_IGP6032.jpg

駅の目の前にある黄門様一行に旅の祈願?をし、出発。

_IGP6037.jpg
大体30分ほどで、偕楽園付近の池の付近に到着。
道中、ウォーキングをしているお爺さんとお話によると、最近の水戸納豆は粒が小さくなっているそうです(突然ですが)
偕楽園のほかに、黄門様像があるとのことなので行ってみると。

近くで、太極拳をしている方がおられました。朝の体操でしょうか?
そして、黄門様像は・・・。

_IGP6039.jpg

凛々しい黄門様。

_IGP6040.jpg

晴天を見上げ、現世に何を想っておられるのか。

そんなこんなで、

_IGP6056.jpg

日本三名園の一つ、偕楽園
これで、他の名園である岡山の後楽園、金沢の兼六園を含め、全て制覇したことになります。
ちなみに全て、シーズン外です

_IGP6055.jpg

偕楽園の見どころは何と言っても、梅林でありますが、もう既に咲き終えたところ。

_IGP6052.jpg

それでも雰囲気を味わうのには十分。
電車の時間的な関係で20分ほど滞在し、水戸駅へ。

_IGP6063.jpg

道中の常盤神社。

駅に戻って、次の目的地である宇都宮駅へ向かうも・・・
何を勘違いしたか、友部駅で途中下車してしまうミス(そのままいけば小山駅で、宇都宮駅も間近)

このミスで、1時間ほど、今日の予定が遅れることに。
まぁ、これも旅の神様が"ゆっくり休め"というお告げなのでしょうか。
(後に、メリット・デメリットが明暗に出ています)

_IGP6073.jpg

_IGP6070.jpg

なんだかんだで宇都宮駅に到着。
群馬県の谷川連峰の水も購入。

_IGP6071.jpg

駅のポスターでの、信玄公祭り。
4/3~4/5と今の時期じゃんー。いいなー、また甲府行きたいなぁ。
最近NHK大河の風林火山見ているから余計感じるよ。

_IGP6072.jpg

バスターミナルで、大谷観光1日乗車券を購入。(1500円)
宇都宮では、基本的に大谷を中心に回ります。

現在の時刻は11:00前。
先に昼食に行こうと、11:30開店の宇都宮「みんみん 本店」に行くことに。

_IGP6080.jpg

着いたのは開店30分前の11:00。
が、既に25人くらいのお客さんが・・・。

これは次の大谷行きのバス間に合うかなぁ・・・と思いつつも、
最初の1回転は、まだ。次の1回転でようやく入ることができました。


_IGP6082.jpg

店内はこんな感じ。

_IGP6078.jpg

メニューはこちら。
せっかくなので大量に頼みます!
焼き餃子のダブルに水餃子、揚げ餃子、さらにライス(普通)も付けて!

_IGP6084.jpg

まずは、焼き餃子。
もうこの焼き目は間違いなしの感じですよ。

卓上のタレは醤油ベースで、お酢、ラー油にも合うタイプですね。

まずは、そのまま食べると・・・外皮はパリパリで、中はジューシー・・・。
おいしい・・・。
文句なしで今まで食べた餃子の中ではベストですね。

_IGP6088.jpg

お次は揚げ餃子。
皮がサクッとした食感で、揚げているのでジューシーであるのですが、
何だか物足りない。
皮の味?が揚げていることで消えているので、何だか餃子?という感じにはしないですね。

_IGP6089.jpg

そして、最後は水餃子。
モチモチの皮でボリュームがあり、つるつるっとお口の中に入ります。
こちらは酢醤油でサッパリと頂くのが美味しいんですね~。

こちらのお会計が、1102円!
満足!!!

また、外へ出ると、行列はさらに増え、35人ほどになっていました。
(ちなみに隣の正嗣も同様)
友部駅で乗り間違えなければ、ここに来るのも間に合わなくなっていなかったので、
逆にラッキーでした!

そして、宇都宮駅へ戻り、バスで大谷資料館へ。
大谷資料館は、大谷石の元採石場で、現在は資料館として一般公開されています。

_IGP6191.jpg

_IGP6091.jpg

道中の巨大な岩壁。
スケールがデカい。

_IGP6099.jpg

大谷美術館

_IGP6105.jpg

中は地下洞のため、ひんやりと冷たいです(というより寒い)

そして、何より驚くのが、"広い"ということ。
こんな巨大な採石場があったのか、というのが驚きです。

_IGP6106.jpg

ライトアップで幻想さを醸し出し、良い意味で、ここが非現実であるかのような錯覚に陥ります。

_IGP6114.jpg

_IGP6124.jpg

_IGP6126.jpg

_IGP6148.jpg

_IGP6151.jpg

るろうに剣心を始め、多くの映像作品の撮影現場に採用されているそう。

_IGP6139.jpg

何となく手をかざして撮ってみる。特に意味はない。

_IGP6167.jpg

_IGP6188.jpg

行かないと分からない、という点に関しては山口県の秋芳洞のような雰囲気かもしれません。
帰りの、この看板で現実に引き戻されました。

さて、お次は日光。
JR日光線で宇都宮駅から日光駅へ。

_IGP6194.jpg

16:00頃に到着。
さすがに世界遺産のある駅として、内部を含め風格があります。
まずは観光案内所で、ルートを把握したいため、お隣の東武日光駅へと向かいます。

_IGP6202.jpg

東武日光駅。
こちらの観光案内所に向かうも・・・残念なお知らせが・・・・。

何と冬期間(3月まで)は東照宮の営業時間が1時間短く、16:00までだという・・・。
やらかした・・・。
予定が1時間遅れたことのシワ寄せが観光の面で来るとか・・・(餃子はメリット)
仕方ないので代用?のウォーキングマップを頂きまして、東照宮付近の外観だとか、
少し離れたところにある、並びお地蔵さんを見て回ることに。

_IGP6199.jpg

あると便利なので、主要地のバス乗り放題の500円パスを購入。
小判型でしゃれてるね!

_IGP6203.jpg

こちらがウォーキングルート。結構歩きますね。

まずは、バスを利用して、東照宮辺りの外観・雰囲気を見て回ることに。

_IGP6266.jpg

こちらがその境内?道ですね。
さすがに営業時間を過ぎると、極端にお客さんもいなくなります。

_IGP6210.jpg

この巨大な?建物も。
勿論開いてません!

_IGP6214.jpg

_IGP6218.jpg

まぁでも、雰囲気が厳かであるので、それを味わうだけでも満足感はありますね。

_IGP6223.jpg

こちらが東照宮の鳥居。
でも、目の前に世界遺産があるのに入れないのは結構コタえます。

_IGP6227.jpg

五重塔。

_IGP6230.jpg

_IGP6233.jpg

日光二荒山神社
縁結びの神社として有名で

_IGP6239.jpg

このようなハートの置物?があります。
まぁ、このように一人旅をしている僕には関係ないんですけどね!

_IGP6245.jpg

_IGP6250.jpg

_IGP6262.jpg

光陰映える五重塔。

さて、東照宮周辺を満喫したところで、先ほどのウォーキングルートを歩きます。

_IGP6271.jpg

_IGP6273.jpg

道中の神社。

_IGP6283.jpg

_IGP6297.jpg

しばらく歩き、大谷川の渓流へ(憾満ケ淵)。
このような奇岩?が並んでいるのを見ていると、いつぞやの山梨県、昇仙峡を思い出します。

そしてメインの並び地蔵。
憾満ヶ淵には70体にも及ぶ地蔵群があり、それらの地蔵群は「化け地蔵」との異名を持っている。
これは、参詣者が地蔵の数を数えてみると、その都度地蔵の数が違うという伝説があるとのこと。

_IGP6288.jpg

_IGP6289.jpg

首なし地蔵。
これは、首と胴体は異なる石をただ置いているだけなのかな?
(日本寺のお地蔵さんの一部は、鉄の軸?のようなもので首と胴体を固定していました)
まだ、昼間なので、そうでもないですが、夜だと林の中も相まって、怖いかもしれないですね。

でもお地蔵様は祈願、と認識があるので(赤い前掛け等の御供え物)怖いという表現をして良いのか不明。


_IGP6295.jpg

_IGP6294.jpg

帰りは徒歩で、駅近くまで行き、

_IGP6305.jpg

神橋を拝見し、バスに乗って東武日光駅へ。

_IGP6310.jpg

夜の東武日光駅。
僕の旅上、普段は一つの姿しか見ることをできないので、
昼、夜の駅を見ることが出来るのは良いことです。

_IGP6311.jpg

駅の売店で、栃木名物?のレモン牛乳。
僅かなレモンの香料はしますが、普通の甘い牛乳と言った感じでした。


_IGP6313.jpg

_IGP6314.jpg

そして日光路麦酒 ビルスナー。500円ほど。
初め、きりっとした口当たりに、程よい苦味を感じ、麦の香りが口の中に広がります。
日光の天然水だからか、後味はスッキリとしているが、苦味が残るなど、ビールらしいビール。
しっかりと美味しいビールでございました!

さて、19:03発の日光駅から宇都宮、黒磯、郡山、ときて、22:57に目的地の会津若松駅へ到着。

_IGP6315.jpg

会津若松駅。
最近では八重の桜での記憶が新しいですね。
今回の宿泊先もネットカフェなのですが、少々駅から遠い(2kmかな?)
時間も23:00なので、真っ暗の中でノソノソと歩きます・・・。

_IGP6316.jpg

ネットカフェ「アイカフェ 会津若松インター
ちなみに今年の3月31日に閉店の店舗です。
入会金は無料、ナイトパック、シャワーでお値段2180円ほど。
こちらの店舗はフリーフード(うどんとか)が提供されているので、夕食を用意していない僕には有りがたかった!


3日目使用金額
交通費: 1970円(東日本パス + 日光バス)
 食費: 1950円(朝昼 1310円, 夜 640円)
宿泊費: 2180円
観光費: 1500円(大谷観光1日パス)


合計: 7600円

Theme : 一人旅 * Genre : 旅行 * Category : 関東・東北・北海道
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する