FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-02-04 (Fri)
放浪息子
#3 ロミオとジュリエット ~Juliet and Romeo~

脚本:岡田麿里 / 絵コンテ:ほしかわたかふみ / 演出:阿部雅司 / 作画監督:青野厚司、糸島雅彦

story0301.jpgstory0302.jpgstory0303.jpg

・あらすじ
クラスでは文化祭の準備が始まり、1年3組では多数決の結果、さおりの提案した“男子が女子の役を、女子が男子の役を演じる”ことになる「倒錯劇」が出し物に決定。よしのの勧めで、修一は劇の脚本を書きはじめるが、同じく脚本を書いてきていたさおりと、担任の税所先生の提案で共同脚本作業をすることに。一方、バスケ部の顧問から、ブラジャーをつけてくるように言われたよしのは、自分の身体の変化に戸惑いを隠せずにいた。



・感想
非常に「繊細」そして、見ていて「心地いい
純粋な感情をここまで表現してくれるとは、放っておけない。
ただもう少し小学生時代の描写を入れるとくれると理解しやすいんだろうけど、仕方ないね、そんなクールないんだし。原作買おうかな、もっと詳しく知りたいし読んでみたい。
話が進むにつれ分かってきたんだけど、この話のテーマは性同一性障害ではないんだろうね、仮にも異性に好意を持っている時点でおかしいなと思っていたけど。おそらくトランスジェンダー寄りなのかな。
理解され辛いテーマだろうけど、これは本当に多くの方に観てほしい。そして感じて欲しい。
アニメで心が震えたのはグレンラガン以来初めてだから、こういうアニメは嬉しい。

Theme : アニメ * Genre : アニメ・コミック * Category : レビュー
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する