FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-03-19 (Wed)
10日目ルート

ホテルで朝食⇒近江町市場散策⇒金沢城公園兼六園散策⇒金沢駅から濃飛バスで白川郷へ⇒世界遺産「白川郷」散策
バスで金沢駅へ⇒JR北陸本線で金沢駅から福井駅へ⇒「甚右衛門 福井駅前店」でソースカツ丼とおろしそば
福井パレスイン」に宿泊


より大きな地図で 近畿・中部地方一人旅 を表示

こちらが移動ルート表。
googleマップで1ページに入りきらないので、2ページ目の水色線が10日目を示しています。
近畿・中部地方一人旅を画像下部のクリックすれば大きな地図で見れます。

6:00 起床。

6:30 ホテルの朝食。

IMGP1540.jpg
IMGP1546.jpg
IMGP1543.jpg

無料朝食ですが、和食、洋食と十分なものは揃っています!
たくさん食べたところで最初の目的地である近江町市場に向けて出発!

IMGP1548.jpg

何かの銅像。

IMGP1551.jpg

金沢の台所である近江町市場

IMGP1553.jpg

美味しそうな蟹がたくさん並んでいました。

お次は金沢城公園。

IMGP1557.jpg

3月20日~23日の期間中は金沢城・兼六園とで夜間にライトアップされるみたいですね。
しかし今日は19日なので残念・・。

IMGP1559.jpg

金沢城公園。

IMGP1564.jpg
IMGP1565.jpg

河北門一の門。

IMGP1568.jpg

IMGP1567.jpg

二の門がちょうど営業時間だったので入ることに!(無料)

IMGP1570.jpg
IMGP1571.jpg

構造物の断面図など詳細な展示物がありました。

IMGP1574.jpg
IMGP1575.jpg

お次は菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓に向かいます。


IMGP1576.jpg

IMGP1583.jpg

金沢城は前田利家が入城後、本格的な石垣づくりが始まりました。場所に応じてデザインが工夫されたことから
現在、様々な石垣を見る事ができます。

IMGP1579.jpgIMGP1580.jpg

打ち込みハギ。

IMGP1582.jpgIMGP1581.jpg

切り込みハギ。
割石を丁寧に加工し、隙間なく積まれています。当時はどのようにして加工していたんでしょうね。

IMGP1587.jpg
IMGP1588.jpg

重要文化財である鶴丸倉庫。
嘉永元年(1848年)に建て替えられた武具土蔵。

IMGP1591.jpg

橋爪門復元工事中の様子を見学できました。
宮大工の方は凄い。

IMGP1596.jpg
IMGP1595.jpg

明治から昭和にかけて金沢城が旧陸軍の所管となり、軍用施設が設けられました。
このトンネルは明治から大正期に作られたそう。

IMGP1599.jpg
IMGP1600.jpg


菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓。

兼六園との共通券で500円。

IMGP1608.jpg
IMGP1601.jpg

珍しいひし形の柱。
このため、木組みが非常に複雑だそうです。

IMGP1610.jpg

IMGP1614.jpg

極楽橋。

IMGP1622.jpg

石川門。

お次は文化財指定庭園 特別名勝 兼六園。

IMGP1627.jpg
IMGP1630.jpg

噴水。

IMGP1631.jpg
IMGP1641.jpg
IMGP1643.jpg

緑豊かで歩いているだけで楽しい。


IMGP1648.jpg
IMGP1649.jpg

綺麗な梅林。

IMGP1650.jpg

鮮やかなヤマトゴケ。
鳥達に荒らされないよう糸線を引いているみたいです。

IMGP1655.jpg
IMGP1654.jpg
IMGP1657.jpg
IMGP1663.jpg
IMGP1662.jpg


IMGP1673.jpg

帰りは金沢県庁を通って金沢駅へ。

IMGP1675.jpg

金沢駅

IMGP1678a.jpg

そして、駅の正面にあるのは伝統芸能に使われる鼓をイメージした「鼓門」

IMGP1676.jpg

お次の目的地は岐阜県にある白川郷。
バスセンターで往復のチケットを購入しました。(往復3200円)

駅のロッカーに荷物を預けようとしたのですが、何と大型ロッカーがどこも開いていない・・・。
観光案内の方に聞いて、近くのライブ1のレンタサイクルで荷物預かりをやってくれるみたいなので(19時まで)
お願いをして預かってもらいました。(300円)

IMGP1681.jpg

そしてバスに約1時間15分揺られて世界遺産「白川郷」へ。

IMGP1685.jpg
IMGP1686.jpg
IMGP1688.jpg

であい橋。

IMGP1691.jpg

雪の積もった合掌造りをイメージしていたのですが、昼の時間帯では積もっていませんでした!
早朝に雪を下ろすのか、それとも時期的にそれほど積もらないのか。どっちなのかな。

IMGP1694.jpg
IMGP1695.jpg

白川八幡神社。

後日知ったのですが、白川郷はひぐらしの舞台であったみたいですね。
その古手神社のモデルだそう。

お隣のどぶろく祭りの館は冬季期間は開いていませんでした。残念。

IMGP1700.jpg
IMGP1701.jpg

とちの実のお団子(120円)
とちの実本来の味が分かるいうおすすめ甘ダレでいただきました。
香ばしく、自然な甘みです。

IMGP1702.jpg
IMGP1703.jpg
IMGP1713.jpg

重要文化財である明善寺。
本堂・庫裏・鐘楼門とすべての屋根が茅葺きという、珍しい合掌造りのお寺。
入館料300円で中に入ることができました。

IMGP1708.jpg
IMGP1707.jpg

郷土の民具などの資料が展示されていました。

IMGP1714.jpg

暖かい囲炉裏。火の香りが良いですね。

外に出てぶらぶら。

IMGP1730.jpg
IMGP1721.jpg

長瀬家。

IMGP1716.jpg
IMGP1717.jpg

長瀬家近くにあるかまくら!
中はひんやりして気持ちよかった!

IMGP1720.jpg
IMGP1719.jpg

ぜん助でみたらし団子(70円)を購入。
香ばしい醤油がたまりませんね。

IMGP1722.jpg
IMGP1739.jpg
IMGP1729.jpg

和田家。

IMGP1732.jpg
IMGP1734.jpg

入館料300円。

こちらも明善寺と同じように郷土の民具などの資料が展示されていました。

IMGP1738.jpg

お次は展望台へ。
展望台への道は2ヵ所あるのですが、とりあえず1か所目。

IMGP1745.jpg

積雪のため、立ち入り禁止。

2ヵ所目の場所は少し離れたところにあります。

IMGP1742.jpg

白川郷にもコープってあるんですね・・。

IMGP1747.jpg
IMGP1746.jpg

こちらも立ち入り禁止。
冬季期間は展望台には行けないんでしょうね。

しかし、展望台行きのバスをいくつか見かけたのですが、あれは何だったのでしょうか。

IMGP1749.jpg
IMGP1752.jpg
IMGP1750.jpg
IMGP1751.jpg

バスの時間が近くなったので、近くのお店で五平もち(200円)を購入。
もっちりしたうるち米に、甘いゴマダレ。なかなか美味しいですね。
ただ最後の1本ということで作り置きしていたのが残念!

IMGP2313.jpgIMGP2314.jpg

そしてお土産を買ったりで、白川郷を後にバスで金沢駅へ。

IMGP1755.jpg
IMGP1756.jpg

夜の鼓門。ライブ1で荷物を受け取って6:23発のJR北陸本線(米原-富山)で福井駅へ。
今日は18切符を使わず通常運賃(1280円)

IMGP1759.jpg

19:55 福井駅に到着。

IMGP1760.jpg

福井の名物であるソースかつ丼を食べるべく、駅近くの甚右衛門 福井駅前店へ。

IMGP1762.jpg

こちらがメニュー表。
基本的に夜は居酒屋みたいな雰囲気ですが、聞いてみるとごはんメニューもいけるそうです。

こちらのソースかつ丼とおろしそばの丼セット(980円)をいっときました!

IMGP1765.jpg
IMGP1766.jpg

メインのソースかつ丼。
ソースでしっとりとした大きめのかつが2枚入っています。

そしてお味は・・・うまいね!
ソースは素朴で懐かしい感じがするね。

IMGP1767.jpg

太い蕎麦に大根おろしと蕎麦つゆをかけて味わう、福井の郷土蕎麦「越前おろしそば」
普通のおそばと違うのは何といっても食感がしっかりしていること。
おろしとの相性も抜群で、これは好きなおそばでした!

IMGP1769.jpg
IMGP1770.jpg
IMGP1771.jpg

福井パレスイン」に宿泊(3000円)


10日目使用金額
交通費 : 電車 1280円(金沢駅⇒福井駅) バス 3400円(片町⇒金沢、白川郷往復)
食費 : 朝昼食 390円 夕食 980円 飲料 100円
観光費: 1100円
ロッカー費: 300円
宿泊費: 3000円
お土産費: 2650円

合計 13200円
Theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ * Genre : 地域情報 * Category : 近畿・中部地方
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する