FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-09-14 (Fri)
2日目ルート

・午前
ジーアールホテル水道町で手荷物預け⇒特急やまびこ号で阿蘇へ⇒宮地駅で降車⇒阿蘇神社 水基巡り
徒歩で阿蘇駅へ

・午後
阿蘇駅からバスで草千里火山博物館⇒草千里散策⇒バスで阿蘇山西駅へ⇒ロープウェイを利用して火口散策
⇒阿蘇山西駅から九州横断バス南阿蘇52号 熊本行で白川水源前へ⇒
白川水源前から九州横断バス南阿蘇52号 熊本行で熊本へ⇒上通りアーケード散策⇒やよい軒で夕食⇒
ホテルへ




朝6時起床。
今日は阿蘇へ向かう為、7時33分の特急やまびこ号に乗らなければなりません。

お風呂入ったり準備したりで6時50分にチェックアウト。


まずは今日のホテル、ジーアールホテル水道町で手荷物を預けます。

IMGP6566.jpg

ジーアールホテル水道町

今年の4月にリニューアルしたばかりのホテル。
外装もキレイ。
宿泊プランは【秋得】【期間限定】リニューアル記念プラン【ビジネス55】【軽朝食付】4700円でした。


受け付けで手荷物を預けたら、通町筋のバス停に向かいます。
また、向かう途中にコンビニがあるのでそこで朝食も購入。


IMGP6567.jpg

7時33分にきっちりやまびこ号がきました。

IMGP6568.jpg

バス車内で朝食。
このじゃこ飯、初めて食べたけど美味しいですね。

阿蘇まで約1時間40分。バス内でゆったり仮眠。


IMGP6569.jpg

阿蘇神社へ向かう為、宮地駅で降車です。

IMGP6571.jpg

宮地駅。田舎の駅という感じで雰囲気がありますね。


ここから阿蘇神社まで約20分の徒歩。

IMGP6584.jpg

阿蘇神社の鳥居に到着!

IMGP6585.jpg

鳥居のすぐ横に水汲み場がありました。

IMGP6586.jpgIMGP6588.jpg

絶えず水が溢れ出ています。
コケの緑が映えます。これも水が綺麗な証拠でしょうか。

IMGP6587.jpg

IMGP6592.jpg

狛犬くん。

目的地は神社なんですが、阿蘇神社がある門前町の水基(みずき)を巡るのが
実は真の目的だったりします。

水基の説明について、以下HPより引用します。


■水基とは・・・
水が出る基(もと)。水飲み場。
一の宮町の人々は古くから湧き水に恵まれその豊かな水を生活用水、飲用水として利用してきました。
現在、 この美しい水を多くの人に飲んでもらいたいと、十数年前から木や石造りの水基を十四箇所設置し、道往く人々にふるまっています。
また、そのほとんどが阿蘇神社参道近くの仲町通りに面しており、散策コースとしても楽しむことができます。


IMGP6598.jpg


いざ水基巡りへ!


IMGP6618.jpg


町並みを歩いていると凄く懐かしく感じます。昔ながらの建物、木々、水の音、そんなものが色々と集まって
そういう風に感じるのだと思います。


IMGP6575.jpg

そして、至る所に水基が。
竹からチョロチョロと流れる水。見ているだけで心が安らぎます。



IMGP6617.jpg

実際に飲料することもできます。
冷たくて美味しい!本当の自然の水ですね。

IMGP6599.jpg

IMGP6606.jpg

IMGP6602.jpg

IMGP6610.jpg

水基巡り。
素晴らしいの一言!

IMGP6620.jpg

IMGP6623.jpg

水基巡りを終えた所で、とり宮さんの 馬ロッケ (150円)を頂く事にします。
揚げるのに5分掛かると言う事なので、周辺をぶらぶら。

IMGP6622.jpg

とり宮さんの軒先にとうもろこし?が干してありました。
今時こんな光景、めったに見れないような?

そして、馬ロッケが揚げあがりました!

IMGP6624.jpg

軒先のベンチでいただきます!

IMGP6625.jpgIMGP6626.jpg

ゴロリと大きな馬肉が入っています。
しっかりとした味付けでおいしい!




次の目的地は阿蘇駅。
本来ならバスや宮地駅から電車で行くのが楽なのですが、予定の時間に合わなかった為、徒歩で阿蘇駅へ向かう事に。

IMGP6628.jpg

途中、栄養補給?を兼ねて氷を購入。
ものの数分で無くなりました。


国道57号に沿ってひたすら歩きます。

IMGP6629.jpg
IMGP6630.jpg

田舎の風景は惹かれるものがありますね。

IMGP6631.jpg

後1km!

IMGP6632.jpg

線路も見えてきた!

そして・・・。

IMGP6634.jpg

阿蘇駅に到着!

約1時間の徒歩でした。

阿蘇駅は黒塗りのモダンな木造駅舎ですね。宮地駅と違ってお金が掛かってます!

しばらく休憩。

12:00
バスで草千里火山博物館へ向かいます。

草千里まで約35分掛かります。

ひたすら山を登る~。

IMGP6637.jpg

車窓から牛さんが見えました。
車内アナウンスによると、夏の間は牛さんを放牧するみたいです。

そして・・・

IMGP6646.jpg

草千里

カメラの3画像、繋ぎ合わせによるパノラマ写真の為、ズレや明るさが違うなど問題がありますが、大体こんな感じです!
もう、見渡す限りの草原!めっちゃくちゃ興奮します!


IMGP6643.jpg

お馬さんもいます。
乗馬もできるのですが、ちょっと高めの値段なので今回はパス!


IMGP6656.jpg

まだ時間もあるので、ひたすら散策。

展望台の方にも行ってみました。

IMGP6662.jpg

圧巻!

ここら辺は眺望スポットとなっており、多くの観光客が車を止めて景色を眺めていました。


IMGP6658.jpg

ちょっと疲れたのでお店で一休み。

IMGP6659.jpgIMGP6660.jpg

熊本名物 いきなり団子(120円)を頂きました。
中にはサツマイモのあんと餡子が入っています。
甘くておいしい!


次の目的地、阿蘇火口西駅(ロープウェー)へはバスで移動します。


IMGP6665.jpg

阿蘇山ロープウェー


IMGP6666.jpg

往復券900円。これもSUNQパスで100円割引きとなっています。

IMGP6667.jpgIMGP6668.jpg

キュートなくまモンのお尻を見ながら出発。

IMGP6669.jpg

ロープウェーに乗って火口へ!


IMGP6671.jpg

到着!
興奮を抑えきれず急いで火口付近へと向かいました!


IMGP6672.jpg

おおおー!!!
噴火口からもくもくと湯気(火山ガス)が出ています。

IMGP6678.jpg

ズームして見ると、神秘的な青緑色が見えます。
しばらく見ていると、急にツーンとした臭いが・・・。

IMGP6674.jpg

風向きにより火山ガスが遊歩道間近まで・・・!
こうなると、息を吸うのも辛い状態です。自分もですが多くの方が咳込んでいました。
しばらくして警報が鳴り始めました。

IMGP6675.jpg

火山ガス濃度の上昇により付近は通行禁止のようです。

仕方ないので禁止区域外の展望台の方に行ってみました。

IMGP6680.jpg

ここからの眺めも素晴らしいですね!
さっき来たロープウェー乗り場が見えます!

IMGP6682.jpg

火口方面の景色はこんな感じ。
だいぶガスは引いてきた気がしますが、まだ通行制限は解除されません。
砂千里方面に行きたかったのですが・・・、この後の予定もあるので断念せざる終えませんでした。

一応、他の方のHPより砂千里の画像を引用させて頂きます。

c69e2f0f.jpg
4aaa9ea6.jpg

アレスケープ2chさんの熊本へ行ってきた話
から画像を引用させて頂きました。

ちなみに熊本へ行くと決めたのは、この記事がきっかけだったりします。
行くところも一緒ですしね!



そんなわけで、ロープウェーで下山。

ここから九州横断バス南阿蘇52号 熊本行で白川水源前まで向かいます。

IMGP6684.jpg

約30分で到着!
ここから白川水源まで、すぐです!

IMGP6687.jpg

IMGP6689.jpg

入場料?100円を支払って入ると・・・。

IMGP6690.jpg

白川水源

幻想的な光景です。

IMGP6696.jpg

実際に飲料する事も出来ます。
飲んでみると、本当に美味しい!
しっかりとした重みがあり、水本来の味があります。


IMGP6699.jpg

こちらはボコボコと水が湧き出ています。水色の部分がそうですね。


IMGP6703.jpg

IMGP6709.jpg

いやしの足水場というのに行って来ました。

IMGP6710.jpg

大学生の観光客?でしょうか。憩いの場になっていました。
一人旅には辛い光景です・・。


帰りのバスに間に合わなくなるので、白川水源とはここでお別れ。

IMGP6706.jpg

IMGP6714.jpg

IMGP6718.jpg


九州横断バス南阿蘇52号 熊本行で通町筋へと向かいます。


IMGP6720.jpg

通町筋に到着後、上通りアーケードへと向かいました。


IMGP6723.jpg

本当は何か熊本名物を食べたかったのですが、探すのが面倒臭くなりチェーン店で夕食。

やよい軒

IMGP6724.jpg

食券タイプのお店なんですね。
ちなみにこのやよい軒は九州では宮崎だけ店舗が無いお店だったりします。

お勧めのビーフステーキ定食(890円)をいっときました。

IMGP6725.jpg

お膳が来るまで、お漬物をボリボリ。

IMGP6726.jpg

ビーフステーキ定食がきました!

IMGP6727.jpg

厚めのステーキ!
早速タレにつけて頂きます・・・が。

硬い・・・。
筋が多いせいかなかなか噛み切れないです・・。結局は飲み込むことに。

なんとも微妙なステーキ定食でした。


夕食を終え、ホテルへと戻ります。

IMGP6738.jpg

ルームキーはカードキータイプですね。

IMGP6733.jpg
IMGP6736.jpg

部屋もきれいでお風呂も広く、ゆったりできました!


明日は最終日。通潤橋へと向かいます。



□二日目 使用金額

ごはん      (朝) 210円(昼)0円(夜)890円
その他飲食     1570(150+200+100+900+120+100)円
ホテル        4700円

合計:7370円
Theme : 熊本のこと * Genre : 地域情報 * Category : 熊本
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する