FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-09-13 (Thu)
1日目ルート

・午前
宮交シティからなんぷう号に乗車⇒熊本駅に到着

・午後
熊本ラーメン 「黒亭」で昼食⇒熊本駅からバスで熊本交通センターへ⇒熊本グリーンホテルで手荷物預け
熊本城散策桜の馬場 城彩苑 で休憩⇒加藤神社⇒旧細川刑部邸⇒ホテルへ⇒紅蘭亭 下通店 で夕食⇒下通り散策⇒ホテルへ




IMGP6383.jpgIMGP6384.jpg

SUNQパス(3日間で1万円)を利用して熊本旅をします。
通常の交通バスを利用する場合は、写真右を提示すれば期間内であればいくらでも乗ることができます。
しかし、高速バスを利用する場合は、一度交通センターで高速バスの予約を行う必要があり、下図のような
予約券を提示する必要があります。
IMGP6386.jpg

そんなこんなで。
IMGP6387.jpg

宮交シティに熊本行き高速バス「なんぷう号」が到着。

IMGP6388.jpg

車内はこんな感じ。
左に2席、右に1席と右の方が余裕がある感じです。
高速バスで移動中、トイレ休憩はありませんが、バス内にトイレがあるので安心。

約3時間、バスに揺られた末、熊本駅に到着。

IMGP6390.jpg

熊本駅。
黒のイメージがあったのですが,それに反した白を基調とした駅。
こういった駅は地域それぞれの特色があっていいですね。

駅とは関係ないですけど、熊本の暑さは凄いですね・・・。
湿度が凄いのかな?宮崎よりかなり暑く感じます。

IMGP6391.jpg

駅内にくまモンがいました。
何となくコレジャナイような・・・。

IMGP6403.jpg

後、熊本は市電が走っているんですね。
こういうのをみると熊本は都会やなぁと思います。


駅を出て、お昼を食べに行きます。

行き先は駅近くの熊本ラーメン「黒亭」!

IMGP6392.jpg

黒亭

食べログ3.54と高得点のお店です。
平日の昼間なのに結構並んでいます。
汗だくだくになりながら、約20分ほど待ちました・・・

IMGP6396.jpg

メニューはラーメン(590円)、もやしラーメン(620円)、卵入りラーメン(820円
チャーシューメン(820円)。

おすすめは卵入りラーメンらしいので、それをいっときました。

IMGP6397.jpg

どーんと大きなチャーシューが数枚入っています。


IMGP6398.jpg

後、ツヤツヤの黄身が2個。

まずはスープをそのままいただきます。

IMGP6399.jpg

思ったよりあっさりした味です。
ただニンニクが強いため、飲む毎にガツーンときます。

ある程度食べたところで、今度は黄身を麺に絡めて頂きます。

IMGP6400.jpg

んー味はまろやかになりますが・・・特にこれといってインパクトはないですね。
普通の卵かけ麺みたいな感じです・・・。何がお勧めだったんでしょうか。
これなら590円の普通のラーメン頼んだ方が良いような?

まぁ味は総じて悪くないので、まぁ・・・。


さて、お腹いっぱいになったところで熊本駅に戻り、バスで交通センターへ向かいます。

IMGP6404.jpg

熊本交通センター

大きいですねー。
バスを主に利用する場合は熊本駅より、この交通センターを拠点にした方が便利ですので、この近くにホテルを取りました。

チェックイン時間前に手荷物を預けることができるので、預けてきます。


IMGP6406.jpg

熊本グリーンホテル

◆早い者勝ち!当日数量限定プラン◆素泊まりプラン で3900円でした。

このホテルから熊本城へは近くですので徒歩で向かいます。

IMGP6407.jpg

行幸橋の手前には、かの有名な加藤清正公の像が!

かっこいい・・・!

IMGP6409.jpg

石碑より引用。

 日本三大名城の一つに数えられる熊本城を築いた加藤清正は、天正五十六年(一五八八)肥後半国の領主として隅本城に入り関ヶ原の戦い後、肥後五十四万石の大名となる。
 この間、熊本城の築城に着手し慶長十二年(一六〇七)完成させたといわれ、隅本を熊本と改名した。
土木、治水をはじめ城下町の形成に力を注ぎ、現在の熊本発展の基礎を築いた。
 今でも「清正公(せいしょこ)さん」と親しまれ、多くの人々の崇敬を集めている。



IMGP6410.jpg

いやー本当にかっこええなぁ・・。


そして行幸橋を渡り、熊本城の櫨方門(はぜかたもん)へ。

IMGP6417.jpg

通常料金500円のところSUNQパスを利用すると20%割引の400円となります。

IMGP6418.jpg

肥後椿園から飯田丸五階櫓が!
城内ガイドより引用。
 飯田丸の名称は加藤清正(かとうきよまさ)の重臣、飯田覚兵衛(いいだかくべえ)が管理していたことから、こう呼ばれるようになりました。熊本城南面防衛の要であり、櫓と塀で囲い込まれ、内部には井戸や台所、鉄砲蔵までも設けられています。西面には西櫓門を備え、出撃することも可能です。つまり飯田丸だけでも小さな城の機能を持っているのです。その小さなお城の天守閣の役目を果たすのが飯田丸五階櫓だったのです。

IMGP6432.jpg

こちらは鉄砲狭間。
敵の来襲に鉄砲で防戦するための狭間ですね。

IMGP6489.jpg

二様の石垣。
築城初期と後期でこうも傾斜が変わるんですね。
確かにこの傾斜なら簡単には上れませんね。


この後もひたすら櫓、石垣巡り。
大方回ったところで天守閣広場へと向かいます。
狭い専用通路を進み、そこを抜けた先には・・・!

IMGP6487.jpg

熊本城天守閣

立派です!貫禄があります!

早速に中に!といきたいところですが、暑さでヘバっているので休憩場で休んでからにします。

IMGP6453.jpg
IMGP6454.jpg

なんと休憩場内は冷房が効いてます!天国やわぁ・・・。
ほんと熊本の暑さはおかしいです、城内なので更に暑く感じます。


IMGP6455.jpg

自販機もあるので水分補給。

しばらく休んでいると、場内放送がありました。
何やら天守閣広場(さっきのとこ)で熊本城おもてなし武将隊?の槍演武があるとのこと。
早速行ってみると。

IMGP6459.jpg

かっこいい武将がぞろぞろと!

IMGP6460.jpg

おー、決まってます。
槍演武なので槍だけかと思ったら、普通にブレイクダンスしたり何でもありなそうです。

IMGP6463.jpg

最後に全員集合で終わりました。
熊本城には定期的にイベントがあるのかな?
なんにせよ、こういうイベントはうれしいですね。


天守閣の前に、隣にある本丸御殿大広間に行きました。

IMGP6468.jpg

こちらは大広間。
かなり広いですね。一般の方は中に入ることはできませんが、あの羽生名人はこの大広間で対局を行ったそう。


IMGP6471.jpg

装飾も凄いですね・・・。

IMGP6476.jpg

天井までしっかりと!


IMGP6477.jpg

こちらは茶室。何となく雰囲気があります。

本丸御殿も堪能したところで・・・。

IMGP6479.jpg


いざ、天守閣へ!



の前に(笑)


天守閣へと掛かる橋が気になりました。

IMGP6480.jpg

橋の下は道がありますが。

IMGP6481.jpg

入口から見ると、道と繋がっているように思えるんですよね。
これって当時の防衛的な意味でどうなんでしょうか?

あの彦根城の廊下橋はいざとなったら落下させる事ができるというのがありますが。

まぁ熊本城も西南戦争の火災で焼失したので、よくわかりませんが。

さていよいよ天守閣!

1~5階は様々な資料が展示してあります。
さくっと見て、最上階の展望は・・・。

IMGP6486.jpg

ええね!さっきいた天守閣広場が見えます。

IMGP6485.jpg

反対方向には宇土櫓が!



満足!

熊本城を出て、桜の馬場 城彩苑に行きました。

IMGP6492.jpg

お食事、お土産処が多く並びます。

IMGP6493.jpg
IMGP6534.jpg

阿蘇のメイスイ(150円)と森からし蓮根さんでからし蓮根(315円)を購入。
阿蘇のメイスイは柄がくまモンでかわいいですね。
からし蓮根は後で頂くことにします。

しばらく休憩して出発です。
IMGP6495.jpg

次の目的地は旧細川刑部邸
ひたすらこの坂を上がります・・・。
15分ほど上ったところで何やら神社を見つけました。

IMGP6498.jpg

加藤神社
せっかくですのでお参りをしてきます。

IMGP6500.jpg

加藤家の家紋、蛇の目紋と桔梗紋が飾られています。

無事に旅行を終えることができますように・・・・。



神社を出て、さらに10分ほど歩いたところに旧細川刑部邸がありました。

IMGP6504.jpg

SUNQパスで240円です。

IMGP6533.jpg

中に入ったら、まずこの庭?に驚きますね。
小石の配列が特殊なせいか、何か吸い込まれるような感じを受けます。

IMGP6523.jpg

IMGP6525.jpg

邸内では茶室など、当時の様式が復元されています。

IMGP6530.jpg

ただ邸内の庭はイマイチぱっとしない感じでした。
まだ整備中なのかな?

細川邸も満喫!

一度ホテルへ戻ります。

IMGP6536.jpg

ホテルの部屋はこんな感じ。
全体的に設備は古めです。


お風呂 熊本グリーン



お風呂もちょっと狭いですが、まぁまぁ良いです!

汗を流して、夜の街へと出かけます。

IMGP6543.jpg


紅蘭亭

食べログ3.5の高得点のお店。
熊本名物、太平燕(タイピーエン)がお目当て。

IMGP6544.jpg
IMGP6545.jpg

こちらはメニュー表。
タイピーエンと酢豚が付いた中華定食950円といっときました。

IMGP6547.jpg

店内はこんな感じ。
なかなかおしゃれやと思います。

IMGP6548.jpg

まず烏龍茶がきました。
急須に入れて持ってきてくれるので、うれしいですね。

しばらくして中華定食がきました!

IMGP6553.jpg

タイピーエン、酢豚、サラダ、ザーサイ。

IMGP6552.jpg

タイピーエンとは?
春雨スープにエビ、イカ、豚肉、白菜、タケノコ、キクラゲなどの五目炒めを合わせ、揚げ玉子を添えたものです。

店員さんから、味は薄めですので好みで胡椒をかけてくださいとのこと。

IMGP6559.jpg

うーん、確かにスープの味は薄めです。が、魚介類のコクがありますのでこのままでも十分食べられます。
春雨もコリコリして美味しいですね。
ただ、白胡椒を少々掛けたら味にキレが増しましたので、苦手でなければかけることをおすすめします!

IMGP6555.jpg

こちらは酢豚。
黒酢の良い香りがします。
それほど酢は強くないので食べやすい!ごはんもばくばくすすみます。

IMGP6554.jpg

大根サラダ。
ドレッシングは普通の胡麻ドレッシングですが、青紫蘇が入ることによりゴマドレ特有のくどみを全く感じさせないようになっています。
ええね。

IMGP6556.jpg

ザーサイ。
これもクセが全くない!これだけでご飯が進む!

いやー満足な定食ですね。
なんとこれにデザートまで付いているそうです。

IMGP6561.jpg

杏仁豆腐!

IMGP6562.jpg

ぷるぷるや!
程よい酸味と甘み。
どれもクオリティ高いです!
お昼のラーメン(820円)が微妙なだけあったで、この950円がめちゃくちゃお得に感じます!

店員さんの接客も中国衣装も素晴らしい!
紅蘭亭おすすめです!



お腹いっぱいになったところでホテルに帰宅。

IMGP6563.jpg

からし蓮根をツマミにビールをごくごく!
うまーーーーーい!!
このからし蓮根のツーンと抜ける辛子味噌の突き抜ける辛さがたまらんね。
そのまま食べてもおいしんやけど、醤油をかけたらもっとうまいやろうなぁ・・・。
いや出汁をかけておでん風にしてもええなぁ・・・。
まぁホテルなのでどれも出来んです。


そんなこんなで1日目終了。

明日は阿蘇に行く予定なので、ゆっくり休みましょう。




□一日目 使用金額

SUNQパス全九州3日間  10000円
熊本城チケット      400円
細川邸チケット       240円
ごはん      (昼)820円(夜)950円
その他飲食     815(150*2+315+200)円
ホテル        3900円

合計:17125円

交通費は10000円で全て補えるのでこんなもんですかね。
安旅はいかにホテル代を抑えるかが課題でしょうか。

Theme : 熊本のこと * Genre : 地域情報 * Category : 熊本
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

こんにちわー! * by U坊
熊本いいすねー!

熊本城は城の中でもひときわ堂々とした感じをうけますよねー!


Re: こんにちわー! * by SUMMONさん
>>U坊さん

こんにちわ!
そうですねー、今まで福岡の小倉城や、宮崎の綾城など行って来ましたが、熊本城は別格ですね!
広大な石垣、そして歴史の重み、風格がちゃいますね!

コメント







管理者にだけ表示を許可する