FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-04-26 (Tue)
           プラテネス

                             プラネテス



ヴィンランドサガですっかり幸村誠氏の虜になってしまった。
そしたら同氏のプラネテスも気になる訳で、読む機会ないかなーって探しとったら友達が貸してくれた。
いやーナイス。思う存分読ませていただきます。
プラネテス


・あらすじ(wikiより

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。

また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。

主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。

主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。

ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。


登場人物

・ハチマキ
デジカメ 383

・タナベ
タナベ


・ユーリ
yu-ri.jpg

・フィー
fi.jpg





ゴミ拾い。
ここまで深い内容だとは知らなかった。
SFながらも現在の社会を風刺した場面が多く、非常にメッセージ性が強い。
また各話最後の1ページを見る時に感じる思い、この余韻こそがプラテネスの魅力だろう。
そして何故、氏は宇宙をテーマにしたのか。それも是非、知って欲しい。

あまり語っていないですけども、これは語って済ませるには勿体ない。
自分で読んでこそ真価を発揮する、そんな作品。
プラネテスおすすめです!












以下若干ネタバレを含みます。

4巻の作者コメント。
このテーマに至った作者の苦労が思い浮かぶ・・・。
4巻コメント



Theme : 漫画 * Genre : アニメ・コミック * Category : 漫画
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by Valusu
アニメ見たけど、これは普通に面白くて深かったですね。親とかにも見せてみたいアニメだった。
漫画とちょっと違うらしいですけどね。

自分が印象的だったのは、貧困な国の人が宇宙から地球を見て、「国境なんて見えないのに」って言葉と回が心に残った。
後は、最後の方のシリトリだろうか。 \クッサー!/

Re: タイトルなし * by SUMMON
>>Valusuさん

幸村さんの描く家族愛は素晴らしいですね。見ていて羨ましい。
親とかに見せたくなるのも分かります。

漫画版は印象に残ったのが多すぎてあまり覚えていません。
まぁでもシリトリの流れは別ですねwまさか!ですわ。
ニヤニヤが止まらなかったw

プラネテス、ほんと良い作品!

コメント







管理者にだけ表示を許可する