FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-03-30 (Wed)
第1-2回 死後の生は可能か

第2回目です。今回もおもしろい?宗教の雑学。



・仏教
仏教では人が死ねば六道のいずれかに生まれ変わると言う事だが、どのように選別されるのか。
前にも言った通り生前の行いっていうわけやけど、実際に判断するのは生者じゃない。
仏教の死後は
三途の川閻魔大王六道 という流れで生まれ変わる事になってる。詳しくは死出の旅路
以下 閻魔天引用
まず亡者は死ぬと初七日に三途の川(さんずのかわ)を渡ります。そこの河原
が賽の河原(さいのかわら)です。三途の川には流れの速さの急な所と緩やか
な所があり、どこを渡るかは生前の罪の重さ次第で決ります。

 山水瀬 浅瀬 罪浅き人が渡る
 江深淵 深瀬 罪深き人が渡る
 有橋渡 金銀瑠璃玻璃の橋 罪無き人が渡る

この三途の川を渡った所には衣領樹(えりょうじゅ)という木があり、木の上
には懸衣翁(けんえおう)、木の下には奪衣婆(だつえば)がいて、亡者の衣
を全てはぎ取ってしまいます。亡者は生前に持っていた飾りを全て捨てて、身
一つで裁きを受けなければならないのです。
 引用終わり

罪深き人も一応の救済措置がある。三途の川も銭次第っていう言葉がある通りに、お金さえ払えば深瀬じゃなく浅瀬を渡らせてもらえるというもの。こういう考えは現代に残っていて棺桶の中にお金を入れるというのも度々見かけれられる。まぁでも閻魔大王の判決が変わるかしらんけど。

・キリスト教
キリスト教では最後の審判で神による判決が下されると言う事であるが
本当に神はいるのか?
これに対してキリスト教では以下の考えで神の存在の証明している。

すべての事物や出来事には、必ず原因があり結果がある。(これを因果律という)
例えば食事をする事にも原因がある。
血液の血糖値が低下→消化器の収縮→お腹が空く→食事をする
では血糖値低下の原因は何か?その原因の原因は何か?その原因の原因の原因は?
それを突き詰めていくと原因は神が作ったもの。原因=神という何とも無理やりな気がしないでもない神の存在証明をしている。

まぁ当然異論も出てくるわけで。
エミール・デュルケーム(19世紀フランスの社会学者)は
「神は社会の発明品だ」と言う。
キリスト教本来における絶対神ではなく、社会が作り出した人為的な神。


またフロイト(19~20世紀 オーストラリアの精神病理学者)は「人は無意識の神をつくり出している」という。
フロイト 無意識の神

大人になっても頼りない自分の人生を考えた時「より大きな父」としての神という幻想をつくり出す。
詳しくは存在意識

個人的にはこの意見がええなぁ。幼児の頃に感じる父の大きさ。幼児が成長しても脳の端っこにそういう思いは残ってる。
それを人は無意識のうちに頼れる父を求めるってね、そうかんしれんなぁ。

・宗教と道徳の関係
①宗教は道徳を強化する(天国,極楽,地獄という話を信じる事によって悪い事をしなくなるだろう)
②宗教は道徳を超える  (自分の尊さ、自分の儚さを自覚し神や仏による救いを求める)

あらゆる宗教は道徳をその前提とする。
イマヌエル・カント](18世紀ドイツの哲学者、1724~1804)
「倫理学講義」

これ見るとホントに宗教は凄いって錯覚するけど、良く考えると実際そんなんかね?って思ってしまう。
自分が無宗教だからかもしれんけど、特定の宗教団体は別の世界の道徳を強化してるよな。
せやから、ここでいう道徳ってのは倫理学的な道徳とちゃう気がする。

第2回目、宗教の雑学でしたけども。次の死後の生を語るにあたって、ちょっと予備知識。
以前レビュー?したジーキル博士とハイド氏。ご存じの通り、2重人格のお話です。
「ひとりの人間はじつは単体ではなく、本当は異なる二面からできている」
一つの肉体に二つの精神。実はこの考えが重要で・・・。
はい、まぁ、誰も求めてないだろうけど第3回目もよろしくね~。
* Category : 日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する