FC2ブログ
個別記事の管理2016-03-20 (Sun)
2015-3-20(日) 14日目ルート

午前: ペンザンス散策⇒セントマイケルズマウント

午後: ペンザンス駅より、ブリストル・テンプル・ミーズ駅へ⇒YHA ブリストルに宿泊



                旅のルートについてはこちらを参照下さい。別リンク



7:00 起床。
何となく日の出が早くなっている気がする。
さくっとお風呂に入り、昨日購入していた朝ごはんを食べる!

_IGP2832.jpg

半額のもの。
ソーセージはマスタードソースの味があり、許せるレベルだった!
タマゴは相変わらずやね。

部屋の同居人は、台湾人らしく結構ペンザンスに滞在しているらしい。
しかも、最初に来たときは日本人ばかりいたのだとか!?

色々と旅の話をして、別れの時間。しっかりを握手をし、お互いの旅の幸運を祈って出発です。

チェックアウト後(後払い19.5ポンド)、荷物は宿に預かってもらいました。

_IGP2835.jpg

朝のペンザンスは、比べ物にならないくらい寒い。さすが港町。

_IGP2833.jpg

銀行。

_IGP2838.jpg

_IGP2839.jpg

昨日見れなかったペンザンス駅。下がこのコーンウォール地方由来の言語らしいです。

さて、今日の目的地は本当はアーサー王伝説に関連のあるセントマイケルズマウントのみ。
本当は、ミナックシアター、ランズエンドも行きたかったのだけれど、日曜なのでバスを使っていくことは不可能。
というのも、調べるところによると以下の

6:20 1A  8:20 1  9:20 1A  10:20 1  11:20 1A  12:20 1  13:20 1A  14:20 1  15:20 1A  16:30 1  17:40 1A
1も1Aも、ランズエンド行きです。ミナックシアターのあるPorthcurnoは、1Aのバスで行けます。
ただ、1のバスで行くと、ランズエンドで折り返すときに1Aのバスになるので、それでPorthcurnoに行く事もできます。
なので、実質一時間に一本と考えて良いと思います。日曜日は一日に2本しかバスが無いので、平日に観光しましょう。(古い時刻表)
バスは、コンウォール地方(かなり広範囲)有効一日乗車券で£7(多分値上がりしてる)
バスの運転手から買うことができます。

前調べたデータがあるので落ち着いたら記事に追加しときます!

②ミナックシアター 
ペンザンスからバスで40分。ミナックシアターのあるPorthcurnoのバス停
オフシーズンでも、10:00~16:00までオープン 日曜は不可能 行は1本で13時しかない
③Lands End(ランズエンド)
ミナックシアターのあるPorthcurnoから、バスで約15分。
ブリテン島最西端のランズエンド(地の果て)があります。

みたいな理由で日曜なので行けず。。。。

セントマイケルズマウントへは、バスが近くを通っているのですが、せっかくなので歩いていきます。
ちなみにセントマイケルズマウントは夏まで土曜日が休み?だった気がする。
此方もデータはあるので落ち着いたらかく。

_IGP2848.jpg

8:45 ペンザンス駅より海岸沿いを沿って歩く。
遠くにはセントマイケルズマウントが見える。

_IGP2849.jpg

地元の人の多くは犬を連れて散歩であったり遊んでいたりしている。
ところどころに犬の糞用のゴミ箱が置いてあるので、その辺はスゴイナ?と思った。

_IGP2850.jpg

何の配管だろう。

_IGP2852.jpg

分厚い雲に覆われている。

_IGP2853.jpg


_IGP2855.jpg

_IGP2856.jpg

だいぶ近づいてきた!あと少し!

_IGP2858.jpg

_IGP2859.jpg

_IGP2862.jpg

9:45 大体1時間ほどの徒歩で到着。

セントマイケルズマウント

さて隠者オグランは二人の恋人を庵に残したまま、杖にすがってモンスまで出かけた。彼は栗鼠や銀鼠や貂の毛皮や、緋や紅の絹の衣裳や、百合の花よりもなお白い下着や、黄金の馬具をつけ足並おだやかに歩む駒などを買いもとめた。
ベディエ編(『トリスタン・イズー物語』より)
トルゥーロに近い森に身を隠していたトリスタンは、隠者オグランの助言を得て、いっしょに逃げていた黄金の髪のイズーをマルク王のもとに帰すことにする。
オグランはイズーのために華やかな衣装を手に入れようと市に出かけるのだけれど、そこが、セント・マイケルズ・マウントだったというのである。
実際のセント・マイケルズ・マウントも古くから錫の売買を中心とした貿易港として栄えていたらしく、マーケットが立つにぎやかな場所だったようだ。

営業時間は10:30からなので、トイレを済ませたり、ぶらぶら。

_IGP2863.jpg

_IGP2865.jpg

_IGP2869.jpg

満潮時は、こちらのボートで対岸へと渡ります。

_IGP2871.jpg

カヌーしている方もおられる?

_IGP2875.jpg

_IGP2876.jpg

入場料は9ポンドと、だいぶ値上がりをしているような・・・。(調べには6ポンド)

_IGP2877.jpg

_IGP2878.jpg

_IGP2879.jpg

_IGP2880.jpg

_IGP2883.jpg

砲台。

_IGP2886.jpg

_IGP2890.jpg

_IGP2893.jpg

_IGP2896.jpg

素敵な景色。
モンサンミシェルより、遥かに良い気分。

_IGP2899.jpg

_IGP2900.jpg

_IGP2901.jpg

城内は、いわゆる一般的な「お城」という感じでもなく、資料館に近い形。

_IGP2902.jpg

_IGP2903.jpg

_IGP2905.jpg

子供達にはクイズ?のような紙が渡され、一生懸命、該当の建物であったり資料と照らし合わせて回答をしている。

_IGP2906.jpg

_IGP2904.jpg

_IGP2909.jpg

_IGP2910.jpg

_IGP2911.jpg

_IGP2912.jpg

方位を示しているのかな?

_IGP2914.jpg

_IGP2917.jpg

若干だけども、ボートが浮かんでいる程度に、潮が満ちてきた。

_IGP2920.jpg

ライオンのような像。

_IGP2922.jpg

_IGP2927.jpg

_IGP2930.jpg

_IGP2932.jpg

_IGP2933.jpg

_IGP2934.jpg

コーンウォール地方の地図。
何かワクワクする、

_IGP2936.jpg

なぜか日本の甲冑が・・・。なぜ・・・。

そうして、自然豊かな城周辺より、出る。

_IGP2938.jpg

何かお土産ないかと探すも、お菓子などはなく、代わりにミードがあった。(ハチミツのお酒)
飲みたいが、持って行く手段もない・・。

_IGP2940.jpg

11:45 だいぶ潮も満ちてきたけど、果たして徒歩で帰れるだろうか。

_IGP2942.jpg

_IGP2943.jpg

まぁでも渡っている人いるし・・・と軽く見てわたるも・・・

案の定、靴が水没。

最悪だ・・・。持っている限りのティッシュで水分をとるも、ほぼ無意味。
今日の宿で乾かさないと。

_IGP2944.jpg

_IGP2948.jpg

_IGP2953.jpg

_IGP2954.jpg

孤島となったセントマイケルズマウント。

個人的にはモンサンミシェルより、遥かに好きな地であった。

_IGP2956.jpg

_IGP2957.jpg

ホテルから荷物を受け取り、駅へ。

途中テスコで夜ご飯と明日の朝食分を5.2ポンドで購入。

_IGP2958.jpg

14:37にブリストルへ。

_IGP2959.jpg

_IGP2961.jpg

_IGP2962.jpg

購入した高級サンドイッチ。半額でこの値段だからね!

_IGP2963.jpg

まずは、こちらから食べるも・・・うまい!
マスタードの酸味もあり、味も良い。値段が高い分、満足!

次に、ローストチキン スパニッシュチョリソーを食べる。
こちらは、微妙。辛さにしても中途半端で、イマイチ。

19:20にブリストル テンプルミーズ駅に到着。


_IGP2964.jpg

_IGP2965.jpg

教会みたいな建物を通りすぎ、20:00に宿に到着。

残り現金が8ポンドしかなかったので、北アイルランド紙幣をイギリス紙幣に換えてもらえないかと相談したところ、
「銀行にいってくれ」と、ダメとのこと。

銀行は分かるのだけれど、土日休み、かつ営業時間も朝早くは空いていないので、使い勝手が悪く
明日の予定(グラストンベリーへとバスで行く)と合わない・・・。

最悪、明日バスステーション?やらでチケットが売っていないかを確認するかなどという色々と考え、部屋に。

まだ20:00なのに電気消してるよ・・・。これはやめて欲しい、いくらなんでも早すぎる。
寝ているのでつけることもマナー的にあれなので暗い中、明日の予定をたてたりで就寝・・・。


14日目使用金額
交通費: 4320円( ペンザンス⇒ブリストルテンプルミーズ駅)
 食費: 988円
観光費: 1710円
宿泊費: 2593円


合計: 9611円
Theme : イギリス * Genre : 海外情報 * Category : ヨーロッパ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-03-19 (Sat)
2015-3-19(土) 13日目ルート

午前: パリ北駅よりRER B線でパリ シャルルドゴール空港へ⇒シャルルドゴール空港からロンドンガトウィック空港へ
    ガトウィックエクスプレスでロンドン ヴィクトリア駅へ

午後: ヴィクトリア駅より高速鉄道でカンタベリーイースト駅へ⇒カンタベリー大聖堂 ⇒ヴィクトリア駅に戻りメトロでパディントン駅
    パディントン駅から西へ、最西端の駅、ペンザンス駅へ⇒YMCA ペンザンス バックパッカーズに宿泊



                旅のルートについてはこちらを参照下さい。別リンク




4:50起床。
準備をして、小便臭の残るパリ北駅へ。

今日はRER B線でシャルルドゴール空港へ向かう予定。
切符の購入に手間取っていたところ、現地の方が代わりに購入してくれた!10ユーロほど。
が、素直に信用できず、色々と警戒してチケットが本物であるのかを疑心暗鬼。

結果的に大丈夫でしたが、ヨーロッパの環境に汚染されて、イマイチ親切を信用できなくなっている・・。

_IGP2755.jpg

シャルルドゴール空港。ものすごくでかい電光掲示板。

7:30発のイージージェットでロンドンガトウィック空港へ。

定刻どおりの到着。入国審査をさくっと終える。

8:45にガトウィックエクスプレス17ユーロで30分ほどでヴィクトリア駅へ

_IGP2756.jpg

ロンドン ヴィクトリア駅。

_IGP2757.jpg

初めてのミールセット(サンドイッチ+スナック+ドリンク)の3.99ポンドを購入。
ちなみにサンドイッチ単体だと3.22ポンドであったり謎。
これで700円近くするんだからイギリスは怖いわ。

支払いに、北アイルランド紙幣を使おうと思ったのだけれど、断られてしまった・・。ほんとどうすんだこの紙幣。
サンドイッチは相変わらず薄い味!

カンタベリーイースト方面の鉄道に乗車。

_IGP2758.jpg

11:45 カンタベリーイースト駅。 時間的に約1時間ほどの観光時間。

_IGP2759.jpg


_IGP2760.jpg

_IGP2761.jpg

_IGP2767.jpg

_IGP2768.jpg

カンタベリー大聖堂

入場料は10.5ポンド。

アーサー王伝説では、カンタベリー寺院に剣の刺さった不思議な石が現れ、
「この石から剣を抜いた者がイングランドの王である」などという伝説があります。

もちろん、石などないのですが、一応案内所の方に聞いてみるも、「石?分からないな!」みたいな感じで濁されました。

_IGP2770.jpg

_IGP2771.jpg

_IGP2772.jpg

_IGP2773.jpg

_IGP2774.jpg

_IGP2778.jpg

_IGP2779.jpg

_IGP2780.jpg

_IGP2781.jpg

_IGP2782.jpg

_IGP2783.jpg

_IGP2785.jpg

_IGP2786.jpg

_IGP2787.jpg

金の鷲?が台になっているのは洒落てる。

_IGP2788.jpg

_IGP2790.jpg

_IGP2791.jpg

_IGP2792.jpg

_IGP2801.jpg

_IGP2803.jpg

_IGP2805.jpg

_IGP2806.jpg

_IGP2808.jpg

_IGP2813.jpg

_IGP2814.jpg

装飾、雰囲気を感じると、伝説の石があったと感じられる。

_IGP2817.jpg

_IGP2818.jpg

_IGP2820.jpg

_IGP2823.jpg

カンタベリーイースト駅を去り、ヴィクトリア駅へと戻る。
その後、メトロでパディントン駅へ。

_IGP2824.jpg

_IGP2825.jpg

夕食はマックで。
チーズバーガー2つと、マヨチキン1つで2.97ポンド。

16:03発。

_IGP2827.jpg

パディントン駅にピノキオが。


_IGP2828.jpg

_IGP2829.jpg

17:48にタントン駅へ乗り換え。
車内にwifiがあるのは有難い。

21:47にイギリス本土の最も西にある駅。ペンザンス駅へ到着。

真っ暗なので、早足で宿へと向かう。

上り坂が多く、結構きつい。しかもthreeの電波が悪いのが気になる
道中のテスコで明日の朝食として半額のパンや水を高ニュ。
レジの人がおかまっぽい黒人で日本から来たことを告げると、「花がきれいな国だね!」と言っていた。

_IGP2830.jpg

YMCA ペンザンス バックパッカーズに宿泊

値段は3300円ほど。
同部屋で寝ていた人がいたので、風呂は入らず、そのまま就寝。

13日目使用金額
交通費: 24406円
 食費: 1332円
観光費: 1995円
宿泊費: 3300円


合計: 31023円
Theme : イギリス * Genre : 海外情報 * Category : ヨーロッパ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-03-18 (Fri)
2015-3-18(金) 12日目ルート

午前: みゅう モンサンミッシェルツアー⇒ノルマンディの村 ポンレヴェック村散策

午後: モンサンミッシェル観光>⇒スマートプレイスパリに宿泊


                旅のルートについてはこちらを参照下さい。別リンク



朝5:30起床。
ツアーはVELTRAのみゅうツアーにて予約して、学割で90ユーロ。

集合次官は7:20。場所は北駅からそれほど離れていないのだけれど、地下鉄を使う必要があるので早めに。

_IGP2594.jpg

Poissoniere駅から最寄のChaussée d'Antin - La Fayetteへ。1.8ユーロ。
地下鉄通路の看板に、うん。行った事があるな!大した事なかったのだけれど・・・・。

_IGP2596.jpg

_IGP2599.jpg

集合場所はデパートの前。
まだ時間があるのでぶらぶら。
早朝はカフェも店もあいていないので、何もない。

_IGP2597.jpg

マドレーヌ寺院なるものを見つける。

_IGP2598.jpg

そんなこんなで7:00になると、日本人の添乗員さんが声を掛けてくださり、バスの中に乗ることとなった。
久しぶりに日本語で話したので違和感。

同じツアーのメンバーは24人ほどで、ほぼ日本人。 
うーん、こんなに日本人がいたのかと。


_IGP2600.jpg

朝食は昨日1.3ユーロぐらいで購入したパン。
バター多め、甘めであるが美味しい!

車内はリクライニングで足元も広く、快適!
道中も日本語でガイドをしてくれるので、全然見ていなかったパリやその他の事を教えてくれるのは有難い!

_IGP2606.jpg

凱旋門。

_IGP2609.jpg

セーヌ川。住居を兼ねた船がとまっております。
フランスは住民票がないみたい?で可能だそう。

_IGP2610.jpg

車内で予めモンサンミシェルのチケットを購入する。(割引で8ユーロ)


_IGP2612.jpg

9:25 トイレ休憩。

_IGP2615.jpg

9:55 ポンレヴェック村に到着。

_IGP2633.jpg

_IGP2616.jpg

_IGP2635.jpg

木組みというか、壁が特徴的の村です。

_IGP2623.jpg

教会にも入ってみる。

_IGP2624.jpg

_IGP2619.jpg

他の都市部の教会と異なり、淡い配色で落ち着く。

_IGP2625.jpg

そんなこんなで40分ぐらい?で散策時間は終わり。


_IGP2637.jpg

車内でモンサンミシェルの日本語マップをもらい、予習。

_IGP2642.jpg

12:25 にモンサンミシェルに到着。
周りが何かあるのだろうと思ったのだけれど、結構何もない!
無料で往復バスが幾つも走っているが、そのまま修道院へと徒歩へ向かう。

_IGP2647.jpg

_IGP2652.jpg

_IGP2653.jpg

この時間帯は干潮で孤島でなかった。
うーん、思ったよりも感動が薄い。

_IGP2656.jpg

残念ながらテッペンの大天使ミカエル像は修復工事中で下に降ろされていた。

_IGP2657.jpg

_IGP2659.jpg

_IGP2661.jpg

_IGP2662.jpg

とにかく人が多い!と聞いていたのだけれど、この時間帯では、まだそれほど。

_IGP2664.jpg


_IGP2665.jpg

_IGP2668.jpg

_IGP2671.jpg

干潮だからいいものも、スゴイところにいるなぁ・・・。

_IGP2676.jpg

_IGP2677.jpg

いざ中へ。オーディオガイド4.5ユーロを購入。

_IGP2678.jpg

_IGP2679.jpg

よくもまぁ岩壁に巨大な修道院を建てたものだ。当時の建築技術は素晴らしい。

_IGP2681.jpg

_IGP2682.jpg

_IGP2683.jpg

当時の石工さんが、自分はこれだけ頑張ったんだぞ!とアピールするために、石に自分の名前であったり数字を書いたらしい。

_IGP2685.jpg

_IGP2687.jpg

_IGP2688.jpg

_IGP2690.jpg

_IGP2691.jpg

教会。

_IGP2694.jpg

_IGP2692.jpg

_IGP2695.jpg

_IGP2700.jpg

天空の回廊。

_IGP2698.jpg

当時の柱(ボロボロであるので、おそらく)

_IGP2702.jpg

_IGP2702a.jpg

食堂。正面から見ると分かりませんが、横から見ると無数の窓があることが分かります。

_IGP2703.jpg

ミカエルの予言を聞かなかったことによる、額に穴を空けられた僧。

_IGP2704.jpg

_IGP2705.jpg

暖炉。

_IGP2708.jpg

_IGP2713.jpg

_IGP2714.jpg

_IGP2715.jpg

_IGP2717.jpg

_IGP2718.jpg

_IGP2719.jpg

_IGP2722.jpg

_IGP2721.jpg

_IGP2721a.jpg

ハムスターご用達のアレ。
食料を揚げるために使われていたみたいです。

_IGP2729.jpg

_IGP2730.jpg

_IGP2732.jpg

_IGP2734.jpg

_IGP2735.jpg

総じて歴史を感じるものもあったのですが、イマイチ心が震えなかった。
残りの時間は回りを散策。

_IGP2738.jpg

_IGP2740.jpg

_IGP2741.jpg

_IGP2742.jpg

教会前にはジャンヌダルク像。
あれ、ジャンヌダルクとモンダンミシェルは関係あったっけ?

_IGP2746.jpg

_IGP2748.jpg

_IGP2749.jpg

_IGP2750.jpg

散策を終え、バス駐車場近くのスーパーで夕食を買おうとするも、ほとんど食べ物がおいてなく、かつ売り場が小さすぎるという
残念な感じで。

_IGP2752.jpg

_IGP2753.jpg

仕方なし二Kroneborgというビール2.3ユーロとバゲット1.1ユーロ、水500ml 0.5ユーロを購入し、食べて飲む。
ビールはラガー系だね。印象薄いが独特の風味がする。

バゲットはぱりぱりでグッド。

ツアーを終え、宿に戻り返金について話すも来週の月曜日にボスがくるから、それからね!みたいな感じで
昨日と話が違うことに驚く。色々と言ったがボスがこないと確認のしようがないということで、紙にメールアドレスと名前を書いて
渡しておいた。どうやらボスからメールで返金対応をしてくれるらしい。
ちなみに3/29現在もメールがきておりません。本当ひどい対応の宿だ。

だんだ記事が手抜きになってきた!
あまり面白くない観光地は本当に心象が弱いので、どうしてもこうなってしまう・・。


12日目使用金額
交通費: 468円
 食費: 442円
観光費: 12605円
宿泊費: 2550円


合計: 16067円
Theme : ヨーロッパ * Genre : 海外情報 * Category : ヨーロッパ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |