FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理2015-02-21 (Sat)
お次は国内ビール
主に期間限定となった商品です。

2011-7-7

CIMG1813.jpg

〈宮崎県限定〉麦とホップ「がんばろう宮崎!!」
※ 「がんばろう宮崎!!キャンペーン」について
(1)内容
口蹄疫、鳥インフルエンザ、新燃岳噴火の被害に苦しむ宮崎県を支援するため、キャンペーン期間中の宮崎県内で販売するサッポロビール商品の売上の一部を宮崎県に寄付する活動
(2)対象商品と各の寄付金額
・ビールテイスト飲料( ビール・発泡酒・新ジャンル・ノンアルコール)の缶・瓶商品:1本につき1円を支援
・ビールテイスト飲料( ビール・発泡酒・新ジャンル)の樽商品:1Lにつき2円を支援
(3)対象期間
2011年3月1日(火)~11月30日(水)

とまぁ、口蹄疫等の支援ということで宮崎県限定で発売された麦とホップ。

2011-7-28

CIMG1998.jpgCIMG1991.jpg

キリン アイスプラスビール

東南アジアなどでは良くビールに氷を入れて飲まれていますが、日本ではまだまだ認知度が低いような。
元々アイスを入れるように作られたせいか、そのままのお味は、濃い目でコクがあり、しっかりとした味わい。
アイスを入れると、スッキリとした味わいになるものも、根幹となる味は変わらず。
思えば、これが僕のアイス+ビールの出会いでした。


2011-7-28

CIMG2002.jpg

サッポロ アイスラガー

同じようにアイスを入れて飲むタイプのビール。
上述のアイスプラスビールに比べて、非常にあっさりした味わい。
少し物足りない感じですが、本場に近いのはこっちか?


2013-5-9

IMGP8761.jpg

アサヒ ロイヤルピルス

イオン系列の限定発売。以下説明文。
熟成に通常の1.25倍の時間をかけ、香味を落ち着かせることでビールが本来持つコクを実現しました。また、良質な苦味や華やかな香りを実現するために、ビターホップ、アロマホップ、ファインホップと3種類のホップを採用
するとともに、麦汁の煮沸中に通常1~2回行うホップの添加を3回に分けて添加したこだわりのプレミアム生ビールです

確かに、アサヒ社製の他のビールより、コクがあるかもしれませんが、それでも物足りない。
また、アルコールがたっており、あまり良い印象がない・・・。


2013-5-13

IMGP8769.jpg

サントリー ロイヤルブレンド

同じくイオン系列の限定商品。以下説明文。

アロマホップ由来の華やかで爽快な香りを引き出したアロマビールと濃色麦芽由来の重厚なコクと苦味を引き出したビタービールをブレンドすることで、コクと苦みを感じながらホップの爽やかな余韻を同時に楽しめる豊かな味わい。

キレイなブラウン色。
飲み口は爽やかですが、苦味・コクはしっかりとしている。

2013-7-29

IMGP9017.jpg

サッポロ 常夏気分

爽やかでフルーティーな発泡酒。
香りは。サッポロが以前出していた、ホップ畑の香りと似ており、個人的にはスキ。


2013-9-2

IMGP9193.jpg

サッポロ 富良野の秋

サッポロビールが開発したオリジナル品種のホップ「フラノベータ」を使用。世界で1軒の農家が上富良野で栽培している幻のホップを使用。

やわらかな口当たりで、他社の秋季ビールとは異なる印象。
苦味が少なく、飲み易い。

2013-10-17

IMGP9438.jpg

くサントリー ちどけの冬小麦


厳選した小麦麦芽と大麦麦芽を最適なバランスで配合し、雪のように白い泡を実現。

確かに言われてみれば泡がいいような?
しかし、厳選したという割には、コクが乏しく、アルコール感が浮いているような?

2013-9-12

IMGP9196.jpg

サッポロ 銀座ライオンプレミアム
以下説明。

「銀座ライオン」(「ビヤホールライオン銀座七丁目店」の通称)の前身は、明治32年に銀座にオープンした、日本最古のビヤホール「恵比寿ビヤホール」で、昭和9年に銀座7丁目に移転し、今に至ります。
 「銀座ライオンプレミアム」は、111年の歴史を有する銀座ライオンが新たに考案したプレミアムビールです。通が好むカラメル麦芽由来のほのかな芳ばしさと、ビールファンにはたまらない程よいホップの苦味が特長です。

さて、飲んでみると、まさにビールの王道のお味。
深い香り、コク、口当たり、どれを取ってもバランスが良く、サッポロクラシックのような古き良き味がある。
コンビニ・期間限定にするには惜しいビールですね。


2013-11-13

IMGP9472.jpg

キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール

ホップの産地として有名な岩手県遠野市で今年の夏に収穫したばかりのホップを贅沢に使用したビール。
今年で10周年ということで息の長いビールです。

例年通り、フレッシュなホップの香りを楽しませてくれます。


2013-11-28

IMGP9473.jpg

アサヒスーパードライ スタイリッシュボトル

コンビニ限定でボトル化されているスーパードライ。
歩き飲みに最適ですが、中身は普通のスーパードライでした。

2014-4-14

IMGP2385.jpg

サントリー 和膳


和食に合うビールという事ですが、アルコール度数はなんと3.5%。
しかも値段は通常のビールと同価格帯であり、なんとも言えない感じ。
和食に合う=味を崩さない のと同意であれば、確かに、飲みやすいビールなのですが・・・
3.5%なら、より低価格での選択肢もあるような?

2014-1-16

IMGP9602.jpg

グランドキリン

コンビニ限定。
麦芽の豊潤なコクとホップのスパイシーな香りを贅沢に楽しめる。
一番絞りよりも重厚感があり、満足感のある一本ですね。


2014-1-16

IMGP2562.jpg

アサヒ ダブル酵母

コク、キレ、バランスがよい(適当

Theme : お酒 * Genre : グルメ * Category : お酒
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-02-21 (Sat)
なぜか記事に書いていない海外ビールがあったのでペタペタと。

2013-5-16

IMGP8775.jpgIMGP8774.jpg

言わずと知れた、ベルギービールのヒューガルデンホワイト
大麦麦芽に小麦を加えてつくられたホワイトビールで、ヒューガルデン ホワイトは、そこにコリアンダーシードとオレンジピールを加え、さらに生きた酵母を瓶内にいれる瓶内二次発酵によって、他にはないおいしさが醸し出されます。

口の中に含むと、小麦ビールの独特の果実のような芳香(バナナ?)
ホップの控えめな苦味で、甘みのあるビール。

2013-7-11

IMGP8875.jpgIMGP8874.jpg

さてさて、次はスリランカのビールと、珍しいライオンスタウトのご紹介。
あのマイケル・ジャクソンが絶賛したアジア最高峰のスタウトといわれております。(ここのマイケルはビール評論家)

アルコール度数が8.0%と、他のビールに比べて高いのにも関わらず、スモーキーな煙たさはありません。
また、スタウト独特の「チョコレート」のような香りが特徴で、これ1本で満足しちゃうようなビールでした。

2013-7-29

IMGP9020.jpgIMGP9021.jpg

シンガポールを中心に東南アジアで飲まれているビール。タイガービール
一般的にアジア圏のビールは、非常に薄く、あっさりとしたタイプが多い中で、このタイガービールは比較的しっかりした味わいを持っています。(といっても薄い)
こういうものは東南アジアの気候柄しょうがないかもしれないですね。

2013-9-12

IMGP9198.jpg

中々馴染みのないイタリアのビール。BIRRA MORETTI
なんと、副原料にとうもろこしが使われております。ヨーロッパ圏では初めて見たみたような?
アジアではほとんど使われております。
麦の香り・ホップの苦味・も弱めで、あまりインパクトに残らないビールでした。

2013-9-22 , 11-24, 12-18

IMGP2386.jpg

こちらも有名なビール。シメイビール 赤
スクールモン修道院で醸造されたシメイは、「真正なトラピスト製品」というロゴをつけることができる、6つあるベルギービールのうちの1つ。

この赤は、シメイの元祖で、カシスのフルーティーな香味が特徴。

IMGP9470.jpg

シメイビールの白。(黄色のような?)
アルコール度8%。他のビールの3倍から4倍のホップを使用しているので、
ホップの芳醇な香りが強く、ドライな味わい。
アルコール度数も高いのでゆっくり味わって飲むタイプ。

IMGP9516.jpg

シメイビールの青。
唯一、ラベルにビンテージ(製造年)が入っており、ビンテージごとの味わいが異なるもよう。
アルコール度数は9.0%で、濃いルビー色の濃厚なボディとハーヴが効きフルーティな味と香りのバランスが特徴。

いずれのシメイビールは値段も、味わいもよいので1本だけでもかなり満足します。

2013-10-3

IMGP9265.jpgIMGP9268.jpg
IMGP9270.jpg

かわいらしいハトが描かれたMucho Aloha
アロハ、とい銘打っているのだから、ハワイのビールかと思ったら、製造元はカリフォルニアの模様。

“HPA”とは、ハワイアンスタイル ペールエールの略。まずペールエールとはその名の通り“淡い(ペール)”+“発酵(エール)”ビールのことで、このハワイアンペールエールは、軽めで苦みが少なく、キレのいいのどごしとあっさりした薄味が特徴。

Theme : お酒 * Genre : グルメ * Category : 海外ビール
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |