FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-03-14 (Fri)
5日目ルート

若草堂」で伊勢うどん⇒伊勢神宮の外宮参拝⇒バスで内宮へ⇒タクシーで伊勢市駅
快速みえ6号で津駅へ⇒乗り換えで亀山駅へ⇒乗り換えで柘植駅⇒乗り換えで彦根駅へ
帆船」でひことろ丼彦根城観光⇒彦根駅から米原駅⇒乗り換えで大垣駅⇒乗り換えで名古屋駅へ
カプセルキャビン プチナゴヤ」に宿泊⇒炭の湯ホテルのコインランドリーで洗濯+入浴



より大きな地図で 近畿・中部地方一人旅 を表示

こちらが移動ルート表。紫色線が5日目を示しています。
近畿・中部地方一人旅を画像下部のクリックすれば大きな地図で見れます。

6:30 予定より1時間遅く起床。

IMGP0516.jpg
IMGP0521.jpg
IMGP0517.jpg

伊勢神宮を参拝する前に、早朝から営業している「若草堂」で伊勢うどんを食べる事に。
昔ながらの佇まい。伊勢うどん(500円)を注文です。

IMGP0523.jpg

真っ黒のタレをよーく絡ませて頂きます。
タレは濃い目のかなり甘めで、太めでやわらかめの麺と良く絡みます。
量は少なく、これで500円は少し高いね。

おうどんを食べたところで伊勢神宮の外宮を参拝することに。

IMGP0531.jpg
IMGP0534.jpg
IMGP0541.jpg
IMGP0556.jpg

思っていたよりも広い境内。
広大な森林に囲まれている伊勢神宮は神聖で、歩いているだけでご利益がありそうです。

後、最近は御朱印が人気なのでしょうか。かなり多くの方が並んでいらっしゃいました。


各宮を一通り回り、バスで約16分かけて内宮に移動。(410円)
時間の都合で所要時間は15分ほどに抑える予定で参拝します。

IMGP0561.jpg

テレビの撮影かな?
ゆっくり見る暇はないので、急いで橋を渡ります。

IMGP0566.jpg
IMGP0568.jpg
IMGP0573.jpg

内宮も外宮と同じように広く、回りがいがあります。
祭神が天照坐皇大御神荒御魂の荒祭宮を参拝して、伊勢市駅へ戻ります。

が、帰りのバスに間に合わず仕方なくタクシーを利用することに・・・。(1430円)

IMGP0575.jpg

目的の彦根駅に行くために、亀山駅を経由します。
JRの快速みえは途中の津駅と亀山駅区間は伊勢鉄道を利用する為、青春18切符で移動を行おうとすると
別料金を支払わなければなりません。そのため、津駅から別の本線に乗り換える事に。

IMGP0576.jpg
IMGP0579.jpg

9:23発の快速みえ6号で津駅へ移動します。

10:00着 約27分の乗り換え時間。JR紀勢本線に乗り換えて亀山駅に向かいます。

IMGP0583.jpg

亀山駅

11:14発 JR関西本線で柘植駅へ

IMGP0587.jpg

11:39着 JR草津線に乗り換えて草津駅へ

IMGP0589.jpg

JR東海道山陽本線新快速で彦根駅へ
途中、京都線内の人立ち入りで10分の遅れがありましたが、問題なく到着。

IMGP0591.jpg
IMGP0592.jpg

13:17 彦根駅に到着。ロッカーに荷物を預け(600円)出発します。

彦根城に向かう前にまずは昼食。

IMGP0597.jpg
IMGP0614.jpg
IMGP0598.jpg

帆船


IMGP0603.jpg

ひこね名物のひことろ丼(700円)

ひこね丼
にはいくつか種類があるみたいですが、近江牛すじ肉と赤こんにゃく、それに卵がのったものが
ひととろ丼というみたいです。

なかなかのボリューム。
お腹いっぱいになりました。

食後はドリンクか、アイスクリームを選べます。

IMGP0612.jpg

今回はアイスクリームをチョイス。

彦根城博物館に15:00頃ひこにゃんがくるみたいなので、彦根城に出発。

IMGP0626.jpg

この通路にやってくるそう。
15分ほど前ですが、かなりのお客さんが並んでいます。
しばらく待つと。


IMGP0630.jpg

ひこにゃんがやってきました!
思ってたよりも背丈が小さく、丸っこいです。

IMGP0637.jpg

ひこにゃんのお尻。

IMGP0641.jpg

ハート型のクッションを逆さに持っています。

IMGP0645.jpg

ブラッシング。

こんな感じにかなりゆる~いパフォーマンスが約1時間続きます。
15分ほど堪能したところで、博物館、お城を回ることに。


IMGP0648.jpg

彦根城・玄宮園と彦根城博物館とのセット券1000円

IMGP0647.jpg
IMGP0654.jpg

博物館内の能舞台。
初めて見ましたが、迫力があります。

IMGP0661.jpg
IMGP0662.jpg

彦根城の廊下橋。これが見たかった!
非常時には、橋を落として敵の進入を防ぐ役目があったという。

IMGP0667.jpg

彦根城。
関ヶ原の合戦後、彦根藩初代藩主 井伊直政の嫡子・直継と二代藩主・直孝によって約20年の歳月をかけ築城されました。

IMGP0672.jpg

天守閣からの展望。

IMGP0692.jpg

玄宮園。

一通り散策したところで、彦根駅に戻ります。

IMGP0707.jpg

石材店にひこにゃんがいました。
これは可愛い。


IMGP0709.jpg

駅近くのスーパーで滋賀県名物サラダパン(140円)と夕食のパンを購入。合計332円。

IMGP0710.jpg

マヨネーズで和えた刻みたくあんが挟まれています。塩気と酸味が何ともな感じ・・。


彦根駅から、米原で乗り換え、米原から大垣で乗り換えで名古屋駅へ。

IMGP0713.jpg


IMGP0714.jpg

カプセルキャビン プチナゴヤ」に宿泊
エコ割プランで3140円

IMGP0715.jpg

部屋はこんな感じ。ドアはアコーディングカーテンで仕切られており、貴重品やスーツケースなどは
ロッカーに入れることができます。

ホテルにコインランドリーがないため、徒歩5分ほどの距離にある炭の湯ホテルのコインランドリーで洗濯+入浴します。
洗剤50円、洗濯300円、乾燥300円(10分100円)

5日目使用金額
交通費 : 電車 2300円(18切符1回分)、バス 410円 タクシー 1430円
食費 : 朝昼食 1326(500+126+700)円 夕食 323円 飲料 105円
観光費: 1000円
ロッカー費: 600円
宿泊費: 3140円
洗濯費: 650円

合計 11284円
Theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山) * Genre : 地域情報 * Category : 近畿・中部地方
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |