FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2012-04-08 (Sun)
高千穂町に入って、20分ぐらいで高千穂峡に到着。

バスから降りると、目の前にお土産屋さんとうどん屋が。
バスガイドの話とちゃうような・・・と思いつつ、高千穂峡への階段を降りる。

IMGP2232.jpg

結構な階段や。
他に道があるか分からんけど、間違いなくお年寄りは厳しいと思う。

IMGP2233.jpg

階段を降りると、昼食場所であるあららぎ乃茶屋が目の前に見える。
中に入ると、既に昼食が人数分用意されていた。


IMGP2234.jpg

にじます定食(1050円


IMGP2235.jpgIMGP2237.jpg
IMGP2236.jpg

まぁ案の定、汁物以外冷え切ってる・・・。
ご飯まで冷たくなってるのはどうかと思うわ。
お茶が無くなっても汲みに来んへんし・・・何やねん。

このワンコインツアーはこの料理しか予約できないんで次の7月に行く予定の方は注意してください~。

IMGP2238.jpg

とりあえずメニュー表。
まぁ二度と来んと思う。



そんな感じで早めに昼食を終えて、散策予定時間までぶらぶら。

IMGP2245.jpg

この高千穂峡には三つの橋がかかっている。
奥から神都高千穂大橋、高千穂大橋、神橋。
それぞれ平成、昭和、大正に竣工され、材質はコンクリート橋・鉄橋・石橋と
橋梁技術の進歩をこのような形で見る事が出来るのは高千穂峡以外にないと思う。

IMGP2242.jpg

先ほどの、あららぎ乃茶屋の裏側から。

IMGP2240.jpg

そして高千穂峡への遊歩道。
壮大や・・・今からこんなとこを歩いていくんや・・。


予定時間になったんで、ガイドさんと一緒に移動。
ごつごつした遊歩道を歩いとると、何やら白い物体が・・・。

IMGP2244.jpg

ネコがおる!
人間に慣れているらしく、エサくれ~って近づいてくる。
あいにく持ってへんわ、すまんな。

IMGP2248.jpg

右下にボートが見える。
ええなぁ、ツアーやからボートは乗れんけど、気持ちいいやろなぁー。

そいでぐいぐい進んで行くと・・・。



IMGP2255.jpg

おおおー!!!
真名井の滝とボート・・・、まさに良く見る高千穂峡のイメージや。
いやー凄いなぁ・・・、これ見たらますますボートに乗ってみたくなった(笑)

ちょっと引き気味にもう1枚。

IMGP2253.jpg

うーん、ええなぁ。
日本の滝100選に選ばれている、真名井の滝、ナイスやね。

IMGP2258.jpg



そんなこんなで、サクッと高千穂峡は終了。
ツアーやからパッパっ歩いて終わんねん。

次の目的地は、古事記でもお馴染みの。

IMGP2262.jpg

天岩戸神社

太陽神である天照大神(あまてらすおおみかみ)が隠れ、世界が真っ暗になってしまった岩戸隠れの伝説の舞台やね。


IMGP2263.jpg

アメノタヂカラオがお出迎え。

岩戸隠れの際は岩戸の脇に控えており、アマテラスが岩戸から顔をのぞかせた時、アマテラスを引きずり出してそれにより世界に明るさが戻ったと伝えられている。


IMGP2265.jpg
IMGP2266.jpg

西本宮神楽殿を参拝後、神主さんに連れられ西本宮の天岩戸へ。
天岩戸は神聖な区域で撮影は禁止なので写真は無いです。
また天岩戸の洞窟は木々などが生い茂っている為、直接見る事はできません。
ただ独特の雰囲気を感じるためにも、一度行く価値はあると思う!

参拝後は、岩戸に隠れた天照大御神への対策を練るために神々が集まったという天安河原へ。
約10分ほど歩くことになる。

IMGP2267.jpg
IMGP2281.jpg

川沿いは苔むした岩が多く、歩いているだけで不思議な気分になれる。

IMGP2269.jpg

天安河原へ到着。

IMGP2278.jpg

IMGP2274.jpg

ここで石を5つ積んだら願い事が叶う、という事で無数の石が積んである。

IMGP2276.jpg
IMGP2277.jpg

この何とも言えない感じ。たまらんですな。
観光客は意外にも外国人が多かった。
んー高千穂は世界的に有名なんですかね。


そんなこんなで、もと来た道を戻って高千穂編は終了。

いやー実に充実したワンコインツアーでした。
これが500円ですからねぇ、本当に凄いです。
宮崎に観光に来る方、宮崎在住の方は是非宮交観光のワンコインツアーを利用してみてください!
今度の高千穂コースは7月から始まります!











Theme : 宮崎 * Genre : 地域情報 * Category : 宮崎
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |