FC2ブログ
個別記事の管理2011-04-29 (Fri)
1日目ルート
・午前
はまゆう⇒中央駅⇒しらす専門店 凪⇒アミュプラザ鹿児島(10分程度)
・午後
ドルフィン150で「いおワールドかごしま水族館」⇒中央駅散策⇒東横ホテルへ⇒食事処探し
⇒中央駅のトンカツ屋大山⇒ホテルへ⇒記事を途中まで書いて寝る。


※2011年の記事の為、現在と書き口調が異なっております。2012年以降(熊本一人旅以降)は標準語となっておりますのでそちらを御参照ください。

7:00起床。
眠い・・・出発当日なのに今いち現実感がないわ。
まぁあんまり時間あるわけちゃうし、ささっと準備して早めに行かんと。

□8:00

CIMG0811.jpg
宮交バスセンター到着。ここから鹿児島行のバス「はまゆう」が出る。
トイレも済まして・・・荷物確認をして・・・っと、ああらこうらしてるうちにバスがきよった。
のりこめー。
CIMG0812.jpg
外観は普通の宮交バス。

ちなみに高速バスで鹿児島行き(はまゆう)だけが予約無しで乗車できる。
まぁ確かに福岡とかに比べたら人数が少ないけども、新幹線が開通したからこれからどうなるか。
まぁ当然自由席なんで適当に空いてるとこ座っとった。
CIMG0813.jpg
内装も・・・そやな。

乗り込んで直ぐ出発。
この時点でまだ空席は半分、GWにしては少ない方やね。

んで発車した高速バスは早い早い!
あっちゅう間、ものの10分足らずに清武に入った。
CIMG0814.jpg

あー快適、揺れも少ないし景色を見るだけで時間が過ぎてくわ。

□8:48
CIMG0817.jpg

田野東到着。
あー田舎や、なーんもない。

□9:04
CIMG0819.jpg

高城到着。
あー・・・田舎や。

□9:35
丁度出発から1時間。
CIMG0824.jpg
霧島サービスエリアに到着。
まぁココも、ちっちゃいしなんも無いとこで。
CIMG0825.jpg
一応は土産物と食事はあるけど、大して見るもんじゃないな。

こっから暫く走って、小林ICに到着。
んでまぁ・・・めっちゃ人がおる。
補助席まで全部埋まって一気に満杯になったわ。でもこれ…この後の人・・・どうすんの。



えびのICに到着。
えーっと・・・学生さんが十数人が待ってる。
あーこれは。
置いてけぼり
はい、2時間待ち。予定とか全部狂うやろうな。
あかんな、こういう大型連休とかは予約制にして座席指定にした方が絶対ええわ。

──────────────────────────────
んで
□13:20
ついに
CIMG0831.jpg
鹿児島中央駅に到着。
いやー・・・正直、鹿児島をなめてましたわ。
まぁいうても九州、そこまで宮崎と変わらんと、そんな考えは甘かった。
CIMG0830.jpg
めっちゃ都会や!
地下鉄まで通ってる。新幹線の影響でこの中央駅付近が発展したとか何とか。
近くにダイエーまであるし、相当便利がええとこやね。

※地下鉄じゃなくて地下通路でした

CIMG0838.jpg

中央駅に到着。
で、荷物をコインロッカーに入れてっと。
CIMG0839.jpg
柱にも地図が書いてあるんで確認。こういう細かな配慮?っていうのかな、関心するわ。

お昼なんで昼食、というわけで。

□12:10

事前に食べログで調べといたお店
しらす専門店 凪に行って来た。
中央駅東口から徒歩3分?ベル通りのすぐ目の前。
CIMG0849.jpg
やっぱりお客さんか何人かおるな、少し待って入れた。
CIMG0841.jpg
メニューはこんなんで、とりあえず壁に掛けてあった
CIMG0842.jpg
「しらす・しゃけ・いくら丼」を注文。
待っている間にもお客さんがぞろぞろ入ってきたから中々繁盛してるみたいやわ。
やっぱり地元じゃ有名なんかな?
チラッと他のメニュー見てみると
CIMG0844.jpg
お酒のつまもやってるみたいやし、夜は居酒屋になるんやろうね。
で、丼ものが運ばれてきた。
CIMG0848.jpg
何故かコーヒー付。聞いてみたら750円以上でついてくるらしい、ええやん。
しっかしこのシラスがええな、生と乾燥の中間みたいでうまいわ。
シャケとイクラの親子丼も最高に合う。
んで小鉢?のえびのチリソースもエビがぷりぷりでナイス!
ただなぁ・・・めっちゃ辛い
もう食べた後に汗がどんどん出てくる。
これ小鉢としてどうなんやろうなぁ・・・。そこまで存在感アピールせんでも。
まぁでも食後のアイスコーヒーは香りが良くておいしかった。
これでチョンチョン。

いやー満足、これは駅周辺ではアタリちゃうかな。


で、この後は・・・水族館
いきなり一人旅の難所。多分出てきたらゲッソリしてると思うわ。

水族館への行き方が分からんので、観光案内センターで聞いて、時刻表まで貰ってった。
30分置きにバスが出てるみたいやね、まだ時間があるわ。
そしたら駅の隣のアミュプラザをちらっと見にいこ。CIMG0850.jpg
建物が大きいだけあって色んな店があるわ。都会しかない(宮崎視点)ARROWSもある。
CIMG0851.jpg
時間が押しているのでささっと退散。また明日にでも見に来よ。
CIMG0852.jpg
□13:00
6番乗り場のドルフィン150に乗る。
実はこのバス。
整理券がありません!バスカード専用です、とかそういうのじゃなくて。
どうやら区間内はどこで降りても150円らしい。
はぁー・・・すごいで鹿児島。
□13:15
CIMG0853.jpg
いおワールドかごしま水族館に到着
GWだけあって人が多い多い!特に子供連れの親子さん達が多くてな
一人の客とか誰もおらん。完全に浮いてるわ・・・。これは辛い長期戦になりそうやね。

順路通り、1階のマングローブ水槽に。
CIMG0859.jpg
ハゼ?。ちゃんと泥もセッティングしてあってリアリティがあるね。
CIMG0863.jpg
ナマズ。ナマズやから可愛くないとかそう思ったらあかんで、これ見てみ。
CIMG0866.jpg
ほら、かわいい!のっぺりしとるのがたまらんな。
CIMG0864.jpg
マンジュウガニ。この名前付けた人は凄いわ、まんぢうって上手い表現や。

そして異色の・・・
CIMG0860.jpg
ピラルク。重圧感がやばい・・・ぎゅぎゅって身が絞められる感じがする。


そして2階へ・・・。
CIMG0870.jpg
CIMG0872.jpg
エスカレーターで綺麗なトンネルを昇るとそこには・・・。
CIMG0873.jpg

壮大な海
黒潮の海・黒潮大水槽が目の前に広がる。
この雰囲気をぜひ味わってほしいね。
CIMG0878.jpg
一番の注目は世界最大のサメ、ジンベエザメ
でかーい!
こんなのが海にいるって信じられんよな。
一応水槽の動画。


透明のトンネルをくぐって。
CIMG0884.jpg
エイを発見。裏から見ると不思議な感じがする。

まぁこの後も順路通り回って(5Fくらいまで)、色んな魚を撮ったな。
そん中で選りすぐりの写真?。
CIMG0891.jpg
サクラダイ。多分子どもやったと思う。
CIMG0896.jpg
ウツボ

CIMG0906.jpg
カブトガニ。なんかすごい。

CIMG0907.jpg
まあなご。かわいい。

で、一番驚いたのが
CIMG0898.jpg
イワシの大群。どんだけいるねんてw
これも動画で撮ったけどホンマすごいで・・・。


ずーっと見つめとったら「ラッコの餌やり」のアナウンスが聞こえたんで、そそくさラッコプールに向かった。
そいでラッコが・・・。
CIMG0914.jpg
チラッ。
CIMG0915.jpg
あーぷかぷかしてる。はぁー・・・かわいい。
↓動画はラッコ講座。

やっぱり油で弾いてるのな。


□16:00
大体3時間くらいおったかな。
まぁこれは疲れる・・・。一人やからゆっくりは回れるけども、周りがカップルだらけで
シンドイ。精神的にグサグサきて・・・。
だいぶへたった。
CIMG0923.jpg

さらば、いおワールド。

CIMG0925.jpg
明日はフェリーに乗って桜島かなぁ、これは楽しみですわ。

で、今夜の予定を組むためにひとまず中央駅に戻る。
都合良くwifiのフリースポットが通っていたので駅内のカフェ「seattles best coffee」で一休み。
CIMG0933.jpg

SBCアイスラテ トール(370円)を注文。
CIMG0930.jpg
肝心のお味は・・・。
どうってことない。香りが薄いしいまいちパッとせん。
宮崎に無い店舗やから期待したんやけど・・、あかんわ。これやったらタリーズの方が全然おいしい。
まぁ席料やね、いうても30分は居座ってたし。
でipodやらるるぶを見て、決まったのが・・・、城山の展望台の夜景を見ようと。
夜まで時間があるので中央駅内を散策。
CIMG0932.jpg
ビッグカメラ
噂に聞いていたけど実際見てみるとでかーい!
もうパソコン本体からM/B、VGA全部揃ってる。オーディオ機器まで豊富やし、駅の1F,2Fを占領してるわ。

□18:00
少し暗くなってきたのでチケットを買っとこうと、観光案内所に直行。
CIMG0927.jpg

受付にいた愛想の良い兄ちゃんにその趣旨を伝えると、
「あ~今日はバスが通っていないんですよねー。」



資料をくれたんで、見てみると確かに通ってない。
書いてある通りやと、この夜景バス(コース)ってのが毎週土曜日の19時,20時しか通らないみたい。
今日は金曜や。


で、そこからまぁ色々考えて、結局18:15ぐらいになったので、チェックインしにホテルへ。
コインロッカーから荷物を取り出して。1Fの出口から・・・おっ!
CIMG0935.jpg
立派な杉が置いてあるわ。「出逢い杉」って呼ばれてるらしい。
言われてみると確かにロマンチック?
よう分からん、まぁホテルに・・・。
あ、そういえばワインが貰えるっていうてたな。
【先着20名様限り!!】金箔の桜が舞うおしゃれなワインをプレゼント♪1泊朝食付きプランを頼んだから多分もらえるはず。
ワインならチーズ。そう思って
CIMG0938.jpg
買うてきた、多分ナイスなおつまみやと思う。

5分ほど歩いて東横インに到着。
CIMG0939.jpg
東横イン鹿児島中央駅東口
何年かぶりのホテルなんでめっちゃドキドキする。
予約していた○○です~とか言ったらすんなり承認されて安心した。
で、部屋番号は
CIMG0943.jpg
712
悪くない数字?
この扉の先に広がるのは・・・
CIMG0945.jpg
真っ暗
あれ、電気・・・はどこに・・あったわ。
CIMG0947.jpg
えーっとINのボタンをポチッて・・・あれ?点かへん。
よう見てみると専用タブレットってのを差し込むらしい。
え?そんなん貰ったけ?あ、もしかして・・・。
CIMG0948.jpg
これや!このカギについてるキーホルダーやね。
はぁー・・・そういう仕組みになってるんか、これだから田舎ものは・・・。

明るくなったお部屋は
CIMG0949.jpg
きったー!テンション上がるなーコレ。
この雰囲気、開放感?気を抜いたら一瞬でダイブしてまうわ。
いやーたまらん。
CIMG0950.jpg
ちゃんとワインも置いてあって、よう見てみると桜をモチーフにした金箔が入ってる。
おいしそうや、ただちょっと気になってたのがマスカットベリーAを使用って書いてある事。
綾のアレを思い出してな・・・
↓回想

デジカメ 366
マスカット・ベリーA

あかーん!めっちゃ辛い。飲んだらビリビリ!ってきたわ・・・。
とんでもない辛口や。ビールは辛口派やけどそんな比じゃないなw
これはどうなんやろ・・・、好きな人おるんかいな。
何せ俺には無理なワインやった。


無理なワインな気がする・・・。

まぁでも外の景色が最高やったら美味しく・・・
CIMG0953.jpg
そやな。
駅近くやし、しゃあないしゃない。
荷物を置いて、ごはん食べに一番街へ。
CIMG0958.jpg
いくつかシャッター締まってる店があるけど、宮崎よりマシやね、まだ安泰。
それ以上に人が多くてすごいな。
まぁーでもブラブラ歩いたけど、パッとするお店が見つからん。
ちょっと離れた黒かつ亭にも行ってみたけど、こっちはめっちゃ人が並んどる。
19:00頃やから分かるけど、流石に並ぶのはシンドイな。今回はパスやパス。
んでこの後も探したけど・・・だめや。
CIMG0961.jpg

結局見つからんから、駅のお店に行くことになった。

CIMG0962.jpg

鹿児島黒豚とんかつ・しゃぶしゃぶ 大山

メニュー
CIMG0963.jpg
もちろん頼むんは「黒豚ロースかつ膳
鹿児島特産黒豚を倒してやんよ!
注文してすぐに
CIMG0964.jpg
ゴマとタレがきた。ゴマをすり鉢ですってからソコにタレを入れるらしい。
トンカツ屋ってこういうもんやねんな。
注文して15分くらいで
CIMG0965.jpg
どーん!

圧倒的存在感、黒豚ロース。ゴマをすりすりしてタレ入れて
まずは一口・・・
CIMG0967.jpg
うまーい!
脂が最高に甘い!黒豚の脂ってこんなにおいしいもんなんや。
ビックリした、ほんとうまい!
添えてあった豚味噌と一緒にご飯を掻き込むと
CIMG0968.jpg

最高!
豚味噌とごはんが最高に合う。

ぺろっと食べてもうた。

まぁちょっと文句言えばデザートがあかん。
団子って・・・。多分鹿児島の有名な団子やろうけど
トンカツの後に団子って合うんかいな?
焼肉の後みたいにあっさり系のシャーベットで締めるべきやと思う。
んー肉はおいしかったけど全体的にみると、もひとつ。

あー腹パンパンや。今の時間は
□20:30
遅くなったなぁ・・・はよ帰らんとあかん。
□20:45
ホテルに帰宅。
こっから明日の準備したり
CIMG0974.jpg
お風呂入ったりで
□21:45
あっちゅう間に時間が過ぎる。ブログも全然書ききらんし・・・。
あー無理、明日書こ。そいじゃ
CIMG0978.jpg
おやすみ。


□一日目 使用金額

往復チケット  4500円
水族館チケット 1500円
ホテル      5300円
ごはん    (昼)850円(夜)1350円
その他飲食  370円
交通      300円
ロッカー     300円

合計:14770円

今は使うとき、帰ったら節約しよ。
Theme : 旅行日記 * Genre : 旅行 * Category : 鹿児島
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |