123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-05-02 (Tue)
2017/5/2 ルート

午前:カオサン通り⇒現地バスツアーで、タイ国境越え
午後:カンボジア シェムリアップ⇒Blossoming Romduol Lodgeに宿泊



_IGP1709.jpg

ロングラックゲストハウスとお別れ。

今日はジパングトラベルの現バスツアーで陸路での国境越え(タイ⇒カンボジア)をする。

_IGP1711.jpg

セブンイレブンで、日本で見たようなものを購入。
中々美味い。肉髭?

いつもの場所で7:30にピックアップ。
そこから他の場所で色々と拾って、結局遅れの9:00
7:30に来る意味あった?

_IGP1712.jpg

こちらがバス。
スタッフはカンボジア人ぽい。

ビザ代行システムの話がある。

_IGP1713.jpg

_IGP1714.jpg

ユーロケーキなるタイの人気なお菓子を貰う。
べとべとで微妙。。

_IGP1715.jpg

_IGP1716.jpg

_IGP1717.jpg

休憩。
何かあったときがいけないので、バスの車体番号等分かる写真を撮る。

_IGP1718.jpg

_IGP1719.jpg

国境のボイペトに到着。

_IGP1721.jpg

元々、カンボジアのビザはe-visaで取得していたので、追加費用はいらないはずなのだけれど、
スタッフが代理でスタンプ押してやるから200バーツくれと言う。
正直頼みたくなかったが、他の乗客全員パスポートと一緒に渡しているので、めんどくさく
200バーツを支払った。

_IGP1722.jpg

真ん中の緑の服がスタッフ。
胡散臭いやつである。
出国審査を終えると

_IGP1723.jpg

いきなりとんでもないものを発見。
バランスが崩れたのか人間の手で制御している。
いやはや無理しょ・・・。

_IGP1724.jpg

_IGP1725.jpg

ここを抜ければそこはカンボジア。
携帯の電波が届くか心配だったけど、国境なので、まだタイのTrueは生きているみたい。

_IGP1726.jpg

_IGP1727.jpg

帰りは待っているバスに乗り込み、しばらく休憩していると、入国スタンプが押されたパスポートを返された。
うーん、おそらくさっきの200バーツの内100バーツはスタッフの小遣い、もう100バーツはイミグレのワイロなんだろうなぁと思う

シェムリアップまでのいく道は平たんな舗装された道を走る。
道路マナーなんてものはないようなもので、バンバンとばし、バンバンぬかす。危ないから近づくな的な
意味合いでクラクションもバンバン。

_IGP1729.jpg

_IGP1730.jpg

_IGP1731.jpg

17:40 何だかんだでカンボジア シェムリアップに到着。
何ともホコリっぽいところだ。
場所はオールドマーケット近くのロータリーかな。

ネットが使えないので先にSIMショップを探したい。

_IGP1732.jpg

_IGP1733.jpg

_IGP1734.jpg

_IGP1735.jpg

バスで来る途中、見つけた看板を頼りに歩くと、一応あった。
ネットではSIm代は基本2USドルとのことだったけれども、ここでは5ドル要求された。
もう、多少ぼられては良いので、とりあえず早く済ませたいと設定をしてもらう。
一応メーカーは cellphoneで1week 1GB。

スタッフに宿は決まっているか?と言われ、決まっているといったら、場所を教えてくれた。
ここから直ぐだという。

_IGP1737.jpg

_IGP1738.jpg

Blossoming Romduol Lodge

2泊で30ドルでカンボジアでは高い方。

_IGP1739.jpg

_IGP1740.jpg

_IGP1743.jpg

でもなかなかに快適。

_IGP1744.jpg

_IGP1745.jpg

近くにコンビニがあって、便利なんだー。

_IGP1747.jpg

カンボジアの通貨りえる。
1ドル=4000リエルで世界的な価値は無い。

_IGP1748.jpg

_IGP1752.jpg

つまみ0.5ドル。
スパイシーなピーナッツ。

_IGP1751.jpg

カンボジアビール。1本0.70ドルほど。
ANCHORビールと、アンコールビール。味は結構違う
アンコールビールは、雑な感じで苦味も若干、味わいあり。日本で言うユーロホップに気持ち似ている。

アンカービールは、良く言えば洗練された感じで、あっさりかな。

ホテルのランドリーサービス1kg1ドルで洗濯をする。

_IGP1753.jpg

この旅初めてのテレビ。
何故か日本のテレビもやっている。後、テレビチャンネル数が60くらいあって笑った。
ただ、どれもショートな番組でひっきりなしに変わる感じ。何これ。

そんなこんなで、カンボジア発の夜を終える。
スポンサーサイト
* Category : タイ・カンボジア
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-05-01 (Mon)
2017/5/1 ルート

午前:水上マーケットツアー
午後:ワット・スタットテープワララーム⇒黄金宮殿ワットプラケオ⇒サイアムニラミット

ジパングトラベルで250Bほど。
7:00 ランプトリ通りにあるAROMDII COFFEE前集合
9:00頃 船着場からLong Tailed Speed Boatにて水上マーケットへ
9:30頃 水上マーケット到着(Free Time)
マーケットを自由に散策したり、お買いものしたり自由に時間を使ってください。
※オプション:パドルボート 150B 現地払い
11:00頃 水上マーケット出発 → カオサン通りへ
13:00頃 カオサン通り周辺到着 解散



_IGP1352.jpg



_IGP1355.jpg

いつものアモディコーヒーの前に待機。
昨日もいた、歯がもげている日本人爺さんが声を掛けてくる。
いかにもな胡散臭さて適当な事を言うので、軽くあしらっているとツアー担当者が来た。

_IGP1356.jpg

_IGP1359.jpg

_IGP1360.jpg

9:00頃に水上マーケット到着

_IGP1362.jpg

何だか、かなりの観光地化。

_IGP1363.jpg

_IGP1364.jpg

料金150バーツを支払ってパドルボートに乗る。

_IGP1365.jpg

_IGP1366.jpg

_IGP1367.jpg

_IGP1371.jpg

_IGP1372.jpg

_IGP1373.jpg

_IGP1374.jpg

現地感は全く感じず、まさに観光地(何度も)

_IGP1375.jpg

_IGP1376.jpg

_IGP1382.jpg

_IGP1385.jpg

カーブミラーあり

_IGP1396.jpg

_IGP1402.jpg

_IGP1407.jpg


30分くらいボートに揺られ、下船。

_IGP1408.jpg

_IGP1409.jpg

_IGP1416.jpg
_IGP1417.jpg

マンゴー40バーツ。うまい!

_IGP1421.jpg

_IGP1423.jpg

_IGP1422.jpg

辛い麺。50バーツ。
パクチーも効いてて辛く汗ダク!

_IGP1426.jpg

良く分からんもの。
15バーツと聞こえたけど、とりあえず50バーツ渡す。
が、にっこり笑われてそのまま受け取られた笑。
まぁいいやと思いつつ、食べる。

_IGP1444.jpg

木のみ?のような甘くて微妙な餃子。

_IGP1445.jpg

まぁぼられているけど、何だか楽しいので良い。

_IGP1446.jpg

_IGP1448.jpg

_IGP1455.jpg

お次はロングボートで。

_IGP1456.jpg

_IGP1465.jpg

これが結構なスピードを出して川を上るので面白い

_IGP1466.jpg

_IGP1470.jpg

観光地化しているのだけれど、アトラクション的な感じで楽しめるのは良いね!

_IGP1472.jpg

オレンジジュースっぽい何か。12バーツ?

_IGP1473.jpg

昼ごろにカオサン通りに到着。

_IGP1475.jpg

タイのドナルド。

_IGP1481.jpg

_IGP1482.jpg

_IGP1483.jpg

午後は空き時間でタイの歴史を学ぶため、国立博物館に行きたかったのだけれど、
今日はタイで言う祝日のメーデー。
毎月1日は多くの施設が休みとなるみたいです。

_IGP1484.jpg

ということで、バンコクにある他の施設を回ろうと、
ワットスタット。

_IGP1488.jpg

_IGP1490.jpg

_IGP1495.jpg

_IGP1500.jpg

_IGP1504.jpg

_IGP1502.jpg

_IGP1507.jpg

_IGP1508.jpg

_IGP1513.jpg

ジャイアントスイング
去に、トリーヤムパワーイと呼ばれる儀式が行われていた。トリーヤムパワーイとは、儀式上、ナーガとしてバラモンがこのジャイアント・スイングにつり下がりブランコ状に前後し、ブラフマーがシヴァ神に新たに創造した世界を見に行かせることを意味する儀式である。1932年にこの儀式は廃止され、現在はこのジャイアント・スイングのみをみることができる。


続いて、黄金宮殿へ歩いていく。

_IGP1516.jpg

中心部に近づくと、色々と店が多い。ニコン。

_IGP1518.jpg

アニメ。

_IGP1519.jpg

色々屋。

_IGP1521.jpg

_IGP1522.jpg

中華街。

_IGP1524.jpg

_IGP1526.jpg

_IGP1527.jpg

安いレッドブル。
10バーツ。

_IGP1528.jpg

_IGP1530.jpg

台湾で良く見た風景。

_IGP1532.jpg

黄金宮殿。
中東系の方がかなり多め。

_IGP1533.jpg

_IGP1535.jpg

_IGP1542.jpg

_IGP1543.jpg

_IGP1544.jpg

_IGP1546.jpg

_IGP1552.jpg

_IGP1556.jpg

_IGP1558.jpg

_IGP1559.jpg

_IGP1562.jpg

サイアムニラミットに行きたいので、MRTを利用する。
こちらは国鉄。
hua lamphongからカルチャーセンターまで35バーツ

_IGP1566.jpg


_IGP1568.jpg

_IGP1569.jpg

MRT1番出口から左手に。バス停あり。

17:30頃から無料送迎があるとのことだけど、16:50頃に無料シャトルが来きてくれた。

_IGP1570.jpg

_IGP1571.jpg

_IGP1572.jpg

_IGP1574.jpg

サイアムニラミット。
早く来れば来るほど、良い席にチョイスされるらしい。
場所はS53。中央前寄りの、最も通路側でした。

_IGP1575.jpg

ディナー付で1300B

インターナショナルビュッフェということもあり、多国籍料理が味わえる。

_IGP1578.jpg

_IGP1579.jpg

_IGP1580.jpg

_IGP1581.jpg

_IGP1582.jpg

ここのマッサマンカレーが美味しい件。

_IGP1584.jpg

_IGP1586.jpg

_IGP1590.jpg

_IGP1592.jpg

_IGP1593.jpg


サイアムニラミットはラチャダー地区、MRTタイランドカルチャーセンター駅の近くにあるテーマパーク
開場は夕方5時からで、園内にはタイの「北部」、「東北部」、「中部」、「南部」の村が再現され、当時の人々の暮らしぶりを垣間見ることができます。タイ古典舞踊、象の餌付け、タイ古式マッサージコーナーもありお子様からお年寄りまでご一緒に楽しむことができます。
700人収容可能なレストラン「Siam Sawadsee3」ではタイ料理メインのディナービュッフェを頂くことができ、20時からは最新技術を駆使した特殊効果による世界最大級の演出、150名以上の出演者500着以上の衣装という豪華絢爛なカルチュラルショーが上演されます。ショーは「タイの歴史を巡る旅」、「三界を巡る旅」、「陽気で楽しいタイの伝統行事を巡る旅」からなる3部構成、約80分のパフォーマンスです。

_IGP1595.jpg

_IGP1597.jpg

_IGP1598.jpg

_IGP1601.jpg

_IGP1604.jpg

_IGP1605.jpg

_IGP1606.jpg

_IGP1609.jpg

_IGP1610.jpg

_IGP1611.jpg

_IGP1612.jpg

_IGP1616.jpg

_IGP1618.jpg

_IGP1621.jpg

_IGP1622.jpg

表面的ではあるが、タイの伝統的な文化を知るには、良い。

_IGP1625.jpg

_IGP1630.jpg

_IGP1632.jpg

_IGP1633.jpg

_IGP1636.jpg

_IGP1637.jpg

_IGP1638.jpg

_IGP1639.jpg

_IGP1640.jpg

_IGP1642.jpg

_IGP1643.jpg

_IGP1644.jpg

_IGP1645.jpg

_IGP1647.jpg

_IGP1650.jpg

影絵は素晴らしい。

ショーの開園1時間ほど前になると、広場で伝統的な踊りが始まる。

_IGP1651.jpg

_IGP1674.jpg

_IGP1696.jpg

_IGP1700.jpg


そして、ショー。
これは実に刺激的で面白かった。
ステージも広く、良く練られた構成。欲を言えば、概略的でなくて、もっと文化を掘り下げた形で見たい。

帰りは無料シャトルバスでカルチャーセンター駅に戻り、
そこからMRTでカオサン通りの最寄駅へ行く。

_IGP1702.jpg

技術提供?で成り立った。タイの鉄道。
台湾もそうだった気がする。
何というか、日本は技術提供の安売りをしすぎるような。

_IGP1704.jpg

カオサン通りへは、トゥクトゥク。
何台か値段を聞いて、200Bばかりだったが、これは120bでいけた。

_IGP1705.jpg

夜のカオサン通り、
5/1を終える。
* Category : タイ・カンボジア
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。